Chrome や Edge で「ウィンドウに名前を付ける」とは

Chrome や Edge で「ウィンドウに名前を付ける」とは、使用中のウィンドウに名前を付ける機能のことで、複数のウィンドウを切り替えるときなど「名前」により識別や操作をしやすくできます。

「ウィンドウに名前を付ける」は Google Chrome、Microsoft Edge のバージョン 90 で新たに追加された機能です。

たとえば Chrome のウィンドウでは「タブバー」を右クリックして現れるメニューで「ウィンドウに名前を付ける...」を選択します。

wd210414-01.png

 

すると「このウィンドウに名前を付ける」というダイアログボックスが開くので、希望の名前を入力して「OK」ボタンをクリックして完了です。

wd210414-02.png

 

「設定」メニューの「その他のツール」からもたどれます。

wd210414-03.png

 

「名前」の効用ですが、たとえば「タスクバー」で Chrome アイコン上にマウスポインターを合わせると、現在、開いているウィンドウがサムネイル表示され、そのときに「名前」が表示されます。

wd210414-04.png

 

ほかにも「Alt+Tab」というキー操作で現在、Windows で開いている全ウィンドウが一覧表示されますが、Chrome のウィンドウは選択されているタブのページタイトルが表示されます。

wd210414-05.png

 

このときに「ウィンドウに名前」を付けている Chrome のウィンドウには「ページタイトル」ではなく「名前」が表示されます。

wd210414-07.png

これで、Chrome のウィンドウを見つけやすくなり、切り替えも容易になると期待されます。

 

さらには、選んだタブを右クリックして現れるメニューで「タブを別のウィンドウに移動」の選択肢に「新しいウィンドウ」か開いているほかの Chrome のウィンドウ一覧から選ぶことができます。

wd210414-08.png

その一覧にも「ウィンドウに名前を付ける」で「名前」を付けている Chrome のウィンドウは、その「名前」で表示されています。

 

現在、Chromeで「ウィンドウの名前」を確認する方法は、最初に紹介した「ウィンドウに名前を付ける...」と同じ手順です。

開いた「このウィンドウに名前を付ける」というダイアログボックスで、すでに入力ボックスに「名前」がついているか、ついているなら、その「名前」が何か確認できます。

wd210414-06.png

できれば、名前を付けた Chrome ウィンドウは、特に操作しなくても常時表示されるなど、もっと簡単に確認できるようにして欲しいです。

 

一方、Edge では「タブバー」を右クリックして現れるメニューで「名前とウィンドウ」を選択します。

wd210414-09.png

 

結果は Chrome と同じ名前の「このウィンドウに名前を付ける」ダイアログボックスが開きます。

wd210414-10.png

 

そして付けた名前は「垂直タブバー」にしたとき「タイトルバー」に表示されます。

wd210414-11.png

 

できれば「名前」+「ページのタイトル」、つまり

用語解説 - なにしろパソコン・ドットコム

という形式にして欲しかったです。せっかく「垂直タブバー」にしたのに「ページのタイトル」が表示されないのはもったいないですから。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (582 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。