「TRUE」と「FALSE」によるエクセル論理式の真偽判定とは

TRUE(トゥルー)」には「真の」「本当の」といった意味があり、 「FALSE(フォールス)」には「正しくない」や「偽りの」といった意味があるため、2つが対となって「真偽」となります。

この「TRUE」と「FALSE」はエクセルの「関数」にも欠かせない用語です。たとえば論理式の真偽を判定するのが「IF(イフ)関数」で

IF(論理式, [真の場合], [偽の場合])

という書式になります。

IF 関数 - Excel - Office.com

「IF関数」は「論理式」が正しい(真の)ときは [真の場合] の値を返し、間違っている(偽の)ときは [偽の場合] の値を返します。

 

たとえば60点以上で合格のテスト判定で、セル「A5」にテストの点数が入力されていれば、以下の式で合否判定ができます。

=IF(A5>59,"合格","不合格")

そしてこの式を入力したセルには、テストの結果によって「合格」か「不合格」かが、文字として自動で表示されます。

 

「TRUE」「FALSE」といった用語が出てくると、かなり難しく感じるかもしれませんが、日常的に頭の中で判断していることを計算できるように式に置き換えてみた、と考えてみるといいでしょう。

千円札だけ持って買いものにいくと、千円を越えたらそれ以上はもう買えないし、千円以下ならまだ買える、つまり「合計>千円」という論理式で「TRUE」なら「買えない」、「FALSE」なら「買える」です。

=IF(合計>1,000,"買えない","買える")

値段や点数など、数字で大小が比較できるものであれば論理式によって簡単に真偽判定できます。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。