[03/10/22] ActiveX(アクティブ・エックス)とは

■◇◇■ 週刊なにしろパソコン ■◇◇■ 毎週水曜日発行 ■◇◇◇■
  パソコン・インターネットを   発行日:2003/10/22
  楽しむキッカケを提供します!  発行者:横河キューアンドエー(株)
  http://www.724685.com/maga/   連絡先:faq@clubqa.com
■◇◇◇◇■ 第95号 ■◇◇◇◇■ 今週の読者数:7444名 ■◇◇◇■

 ≪今週の目次≫
  (1) 今週のひとこと  「お風呂」が恋しい季節がやってきました
  (2) 今週のQ&A   コントロールパネルを一覧表示に
  (3) 今週の用語解説  ActiveX(アクティブ・エックス)とは
  (4) 編集後記     あと2つ!ゴジラ頑張れ!!

  ※直接ジャンプ! 今週のQ&A今週の用語解説編集後記

 ☆ ご購読ありがとうございます。配信の中止をご希望の方はいつでも
   ご自由に簡単に解除できます → http://www.724685.com/maga/

  ◎ どうしても自分で解除できないという方は、当メルマガを返信
    していただけば解除依頼と判断して代行させていただきます。

 ・ バックナンバー http://www.724685.com/maga/
 ・ 今週のQ&A http://www.724685.com/weekly/
 ・ ご意見箱 http://www.724685.com/10mail/
 ・「ウイークリーまぐまぐ」の解除 http://www.mag2.com/wmag/


=========================== [Top に戻る]
 (1) 今週のひとこと 「お風呂」が恋しい季節がやってきました
----------------------------------
      ☆「今日のひとこと」はこちらで http://www.724685.com

 すっかり秋らしく朝晩も冷え込んできて、これから「お風呂」が恋しい
 季節です。そこで今年も関連サイトや情報を検索してみました。最初は
 実用的な情報が満載の「発掘!あるある大事典」から...

 ◆ 発掘!あるある大事典 http://www.ktv.co.jp/ARUARU/ 
 ┗◇ 第12回『お風呂』(97.01.19)
   http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search/arufuro/furo.html
  ◇ 第323回『入浴』(03.02.23)
   http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search/arunyuuyoku/furo_1.html

  ※全身反復浴など、じっくり読むと面白いネタがいっぱいです。


 「今日のひとこと」でも紹介しましたが、洗いの殿堂というお風呂に
 まつわるエピソードが楽しいサイトもあります。

 ◆ 洗いの殿堂 http://www.arainodendo.com/
  ※「お風呂物語アーカイブ」というサブタイトルからして運営者の
   気持ちが伝わります。楽しいエピソードやトリビアがいっぱい!


 さらに「お風呂」の定番サイトを3つ

 ◆ 湯の国.web http://www.yunokuni.com/
  ※バス・リラクセーションの5つのポイントなど参考になります。

 ◆ 風呂好き.com http://www.furozuki.com/
  ※このサイトに来ると、入浴剤っていろいろあるんだなといつも
   感心します。それだけ日本人はお風呂好きなのでしょう。

 ◆ BATHターミナル http://www.skyinet.ne.jp/furo/


 ということで、調べて、読んでいるうちに、すっかりお風呂に入りたく
 なってしまいました。それも、ゆったりということで、あの都心にある
 スパを中心とした総合施設「ラクーア」を紹介しておきましょう。

 ◆ LaQua(ラクーア) http://www.laqua.jp/

 ※東京の真ん中でも、掘っていけば温泉って出るものなんですね。


=========================== [Top に戻る]
 (2) 今週のQ&A  コントロールパネルを一覧表示に(WindowsXP)
----------------------------------
   ☆「クラブQ&A(http://www.clubqa.com/)」での旬なQ&Aをご紹介

 Q:WindowsXP の場合、スタートメニューで「コントロールパネル」
   を開くと「作業する分野を選びます」が出てきて、目的のものが
   見つけにくくなりました。以前の一覧表示に戻せますか?

 A:「カテゴリ表示」から「クラシック表示」に切り替えられます。


               ◆◇◆

 WindowsXP が親切のために考えた新しい機能や表示方法は、いままでの
 Windows に慣れてきたユーザーには戸惑うものが多く、それを予想して
 以前の方法を「クラシック」と呼んで切り替えられるようにしています。

 たとえば「コントロールパネル」の表示も「作業する分野を選びます」
 ということで、各種コントロールパネルが役割により分類されることで
 ある意味で判り易く、必要なものを見つけやすくしています。

 しかし「マウス」など、すでに良く知っていて、アイコンからも見つけ
 やすいコントロールパネルを使いたいときは、分類に分けるまでもなく、
 直接、一覧表示から「マウス」を見つけるほうが早くて便利です。

 そんなときには「コントロールパネル」のウインドウを開いたら左上に
  [クラシック表示に切り替える] があるので、これをクリックすれば、
 以前の一覧表示になります。

 ※元の分類表示に戻すには、左上の [カテゴリの表示に切り替える] を
  クリックします。表示を選択して「コントロールパネル」を閉じると
  次に「コントロールパネル」を開くときは、最後に選択した表示方法
  が保持されています。

 お好み、あるいは場面によって切り替えればいいでしょう。

 さらに、もっと素早くコントロールパネルを表示させる方法としては、
 スタートメニューから「コントロールパネル」ウインドウを開くのでは
 なく、ポイントするとリスト表示される設定があります。

  1.「スタート」ボタンを右クリックします。

  2.現れたりストから「プロパティ」を選択します。

  3.「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」が開きます。

  4.[スタート]メニュー・タブを選択し、
  
    「[スタート]メニュー」の右にある「カスタマイズ」ボタンを
    クリックします。

  5.「[スタート]メニューのカスタマイズ」が開きます。

  6.[詳細設定]・タブを選択し、

    「[スタート]メニュー項目」リストで [コントロールパネル]
    の下にある [メニューとして表示する] をオンにします。

    [OK]ボタンを続けて押して、プロパティを保存し、閉じます。
 

 これで、スタートメニューから「コントロールパネル」リストをすぐに
 引き出すことができて便利です(と編集長は感じています)。


                ◆◇◆

 好むと好まざるとにかかわらず、新しいパソコンを買えば、それまでの
 使い慣れた Windows から WindowsXP に切り替わります。

 もちろん、本当に便利になった機能や表示方法もありますから、それは
 有効に使えばいいのですが、何年もかかって慣れた表示がいいと感じる
 場合は無理せず、「クラシック」に戻すのもいいかもしれません。

 パソコンは「パーソナル」なコンピュータですから、自分に使いやすい
 ようにできる部分はドンドン調整していきましょう。
  

 ◎ 「今週のQ&A」は図などを追加、そして一部加筆して公開しています。
    ?> http://www.724685.com/weekly/ 


=========================== [Top に戻る]
 (3) 今週の用語解説(71) ActiveX(アクティブ・エックス)とは
----------------------------------
        ☆毎週、ひとつずつ、パソコン用語を解説していきます。

 ◎ ActiveX(アクティブ・エックス)とは

  ・マイクロソフト社のインターネット戦略で中心となるソフトウエア
   技術を総称して「ActiveX(アクティブ・エックス)」と呼びます。
   インターネットをより活性化(アクティブに)するのが目的です。

  ・実際のところは、インターネットが発達してくると、特定のOSや
   アプリケーションに依存しないで、インターネット上で出来ること
   が増えてきたため、マイクロソフト社が先手を打ってきたわけです。

  ・つまり、この「ActiveX」技術を使えば、インターネット経由でも
   やっぱり、Windowsや Office などのマイクロソフト製品は圧倒的
   に便利だし、より自由に使えますよ!とするための技術なのです。

  ・たとえば「ActiveXコントロール」と呼ばれる一種のプログラムの
   部品は、ブラウザ経由でパソコン内に取り込むことで、より高度な
   カラクリがウェブサイトを開くだけで利用可能となります。
   
  ・この技術を生かした典型が、話題の「Windows Update」のカラクリ
   です。これは ActiveXコントロールにより、自動的に修正ファイル
   をパソコンにダウンロード&適用していくことができるわけです。

  ・ということで「ActiveXコントロール」を使えば、インターネット
   経由で現在よりも、さらに豊富な機能を手に入れることができるの
   ですが、一方で「ActiveXコントロール」の万能性ゆえに、安全性
   にも、より気をつけないといけない、ということも確かです。

  ・そのため一般的なインターネットのセキュリティ設定にした場合、
   「ActiveXコントロール」を使う前には、「セキュリティ警告」と
   いう表示が現れ、この「ActiveXコントロール」を自分の責任で
   導入して、利用するか、と尋ねてくるのです。
   
  ・ですから、自分の判断と責任で、これは使いたい、使えば便利だし
   提供先も信頼できるという場合は取り込み、これは不審だと感じる
   ものは利用しないようにしましょう。

  ・「便利さ」と「安全性の問題」は表裏一体です。たとえば「車」は
   便利ですが、もちろん人命に関わる事故が起こる可能性もあります。
   では車に乗るのをやめますか?そういう話だと思います。


============ ◇ 編集後記 ◇ =======[Top に戻る]

 ・松井秀喜選手がヤンキースの一員として、メジャーリーグ挑戦の初年
  にしてワールドシリーズに参加。第2戦のホームランに続き、今日の
  第3戦では決勝点を叩き出し、ここに来て「絶好調」ですね。

  ◆ MATSUI55.TV松井秀喜オフィシャルサイト
   http://www.matsui55.tv/

 ・とにかく実力もさることながら、その強運と性格は世界に通用します。
  昨年、読売ジャイアンツが圧倒的な強さで優勝したのに、今年の結果
  を見ても、いかに松井選手が抜けた穴が大きかったかが分ります。

 ・いきなり「ヤンキース」なんかに入って大丈夫だろうか、とまったく
  無用な心配でした。さあ、あと2勝して憧れのチャンピオン・リング
  とシリーズMVPを獲得して欲しいものです。頑張れゴジラ!
                           (編集長・林)

   ※次回の発行は10月29日(水曜日)の予定です。お楽しみに。
 

ゴジラゴジラゴジラゴジラゴジラゴジラゴジラゴジラゴジラゴジラゴジラ

  ※当メールマガジンの配信は「まぐまぐ(http://www.mag2.com/)」
   のシステムを使用しています。(マガジンID: 81405 )

  ※購読を止めたい場合の配信解除は以下のページから簡単です。
   (でも、ぜひぜひ末永く愛読してくださ?い! m(_ _)m ペコリ)

   ◆ 「週刊なにしろパソコン」の紹介、登録&解除、注意事項など
      http://www.724685.com/maga/

   ◎ どうしても自分で解除できないという方は、当メルマガを返信
     していただけば解除依頼と判断して代行させていただきます。

   ◆ ご意見ご希望は電子メールで!アドレスは faq@clubqa.com
     またホームページからでもご意見をお送りいただけます。
     「ご意見箱」 http://www.724685.com/10mail/


★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

 発行元:横河キューアンドエー(株)  http://www.yqa.co.jp/
 発行者:なにしろパソコン編集長 林 俊二 faq@clubqa.com 
 関連ホームページ:
  ◇ なにしろパソコン・ドットコム http://www.724685.com
  ◇ PCSS(パソコン出張サポート)  http://www.724685.com/pcss/
  ◇ クラブQ&A(24時間電話サポート)http://www.clubqa.com
  ◇ 安心だネット!(ウイルス対策) http://club.724685.com

 ◎本文の著作権は発行元と発行者に属します。無断引用・転載は厳禁。
  (家族や友人への転送や、個人的に楽しむ範囲ではご自由にどうぞ)
 ◎記述に誤りがあったり、記述通りの作業をしても無効、あるいは損害
  等が生じた場合でも責任は負いかねます。どうか、ご了承ください。

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

amazon 楽天

紹介&バックナンバー

編集長のプロフィール

編集長

林 俊二 と申します。「なにしろパソコン・ドットコム」のサイト運営、メルマガ執筆、セミナー講師から出張サポートまでこなすパソコン生活応援アドバイザー
編集長のツイッター