[03/08/13] 新種ウイルス「MSBlaster」にご注意

■◇◇■ 週刊なにしろパソコン ■◇◇■ 毎週水曜日発行 ■◇◇◇■
  パソコン・インターネットを   発行日:2003/08/13
  楽しむキッカケを提供します!  発行者:横河キューアンドエー(株)
  http://www.724685.com/maga/   連絡先:faq@clubqa.com
■◇◇◇◇■ 第85号 ■◇◇◇◇■ 今週の読者数:6890名 ■◇◇◇■

 ≪今週の目次≫
  (1) 今週のひとこと  新種ウイルス「MSBlaster」にご注意
  (2) 今週のQ&A   メールはどこまで受け取れるのか
  (3) 今週の用語解説  ポインタとカーソル
  (4) 編集後記     「より安心」を目指して

  ※直接ジャンプ! 今週のQ&A今週の用語解説編集後記

 ☆ ご購読ありがとうございます。配信の中止をご希望の方はいつでも
   ご自由に簡単に解除できます → http://www.724685.com/maga/

 ・ バックナンバー http://www.724685.com/maga/
 ・ 今週のQ&A http://www.724685.com/weekly/
 ・ ご意見箱 http://www.724685.com/10mail/
 ・「ウイークリーまぐまぐ」の解除 http://www.mag2.com/wmag/


=========================== [Top に戻る]
 (1) 今週のひとこと  新種ウイルス「MSBlaster」にご注意
----------------------------------
      ☆「今日のひとこと」はこちらで http://www.724685.com

 今年の7月17日にマイクロソフト社より、Windows2000 / XP の安全性
 欠陥を『緊急』レベルで修正するためのプログラムが公開されました。

 ◆ MS03026 : Windows の重要な更新(2003.07.17)
 http://www.microsoft.com/japan/security/security_bulletins/MS03026e.asp


 要するに Windows2000 や XP が持っている『ネットワーク上にある別
 のコンピュータの機能を使うための技術』に欠陥があったのです。

 そして、この欠陥を悪用し、不正な情報(ウイルス)をネット経由で
 送りつけられることで、以下のような危険性が心配されていました。

  ・パソコンを異常終了させられる(再起動を繰り返す)
  ・他のコンピュータの攻撃を始めるように仕掛けられる
  ・パソコン内のファイルを盗み見られたり、削除されたりする


 そのため「なにしろパソコン・ドットコム」の「今日のひとこと」や、
 「安心だネット!」サービスでも速報を出し、利用者の皆さんに注意
 と欠陥の修正を呼びかけ「Windows Update」をお薦めしてきました。


               ◆◇◆

 しかし、7月12日に上記の「安全性の欠陥(MS03026)」を悪用した
 ウイルス(MSBlaster 別名:Lovsan)が発生してしまい、まだ欠陥を
 修正できていないパソコンが感染、被害が拡大してしまいました。

 ◆「W32/MSBlaster」ワームに関する情報(IPA/ISEC)
 http://www.ipa.go.jp/security/topics/newvirus/msblaster.html

  ※情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は
   「経済産業省」が所管する法人なので情報が客観的です。


 このウイルスのポイントは以下のとおりです。

  ◎インターネットにつながっていれば攻撃される可能性があり
   接続しているだけでも、突然、感染してしまう恐れがある。
   ※注意:Windows95/98/Me は影響を受けません。

  ◎主な感染経路が『メールの添付ファイル経由でない』ため、
   プロバイダ提供のメールチェック・サービスでは対応不能。

  ◎感染した場合の応急処置はあるが、根本的には「安全性の
   欠陥(MS03026)」を修正プログラムでなくす必要がある。


 「安心だネット!」サービスでも12日には早速「W32/MSBlaster」に
 対応済みですので、ウイルスの検出や駆除は可能です。しかし根本的
 な解決には「WindowsUpdate」による『欠陥の修正』が必要なのです。

 ◆「安心だネット!」サービス http://club.724685.com


 とりあえずは今回の欠陥(MS03026)の修正プログラムだけでも導入を
 すべきですが、実は今年の7月に、立て続けに3件も「緊急」修正要請
 がマイクロソフト社から出ているため、他の欠陥も修正すべきなのです。

 ◆ 緊急レベルのセキュリティ修正プログラムについて
 http://www.microsoft.com/japan/security/security_update.asp


 一方で「Windows Update」は、実施時に気をつけないといけないことも
 多いので、以下の「今週のQ&A」も、ぜひ参考にしてください。

 ◆ 第77回「Windows Update」って必要ですか?(2003.06.11)
 http://www.724685.com/weekly/qa030611.htm


                ◆◇◆

 マイクロソフト社としては、安全性の欠陥について、事前にアナウンス
 もしたし、修正プログラムも「Windows Update」というカラクリも提供
 している、という立場なのだと思いますが、あまりにも安全性に欠陥が
 多すぎです。業界の盟主として抜本的な改善を強く願うものです。


=========================== [Top に戻る]
 (2) 今週のQ&A  メールはどこまで受け取れるのか
----------------------------------
   ☆「クラブQ&A(http://www.clubqa.com/)」での旬なQ&Aをご紹介

 Q:電子メールの送受信に「アウトルック・エクスプレス」を使って
   いますが、たくさんメールマガジンに登録しているので受信容量
   がいっぱいにならないか心配です。

 A:ソフトウエアに関わらず、保存するパソコンのハードディスクに
   余裕がある限り受信できますが、プロバイダの受信容量の制限と
   サーバーに残すかどうかの設定に気をつけてください。


                ◆◇◆

 編集長は職業柄、毎日、大量の電子メールを送受信しています。同時に
 電子メールアドレスも「なにパソ.com」管理者用、「安心だネット!」
 管理者用、「週刊なにパソ」管理者用、業務用、プライベート用など、
 10以上も管理しており、日常的に使い分けています。

 基本的に無駄な広告やウイルス感染メール以外は、整理する時間がない
 ことと、いつ役に立つかわからないので、送受信とも、ほぼすべて保存
 をしています。ですから溜まる一方という状態です。

 そうなると当然、過去の電子メールが突然消えてしまったら大変なので
 バックアップで保存をしていますが、先日、ついに過去の電子メールの
 データ容量が合計で1GBを超えました。数万通という件数になります。

 つまり、電子メールソフトに関係なく、送受信したメールを手元に保存
 できる容量は、パソコンの記憶容量(おもにハードディスクの残り容量)
 で決まります。ですから大量に電子メールを受信する場合に、使用する
 「電子メールソフト」はあまり気にする必要はありません。

 それよりも、以下の2点がポイントです。

  ・使用している電子メールアドレスに届いたメールを受信する
   サーバーが許可してくれているメールの保存容量はいくらか。

  ・サーバーに受信されているメールを自分のパソコンに取り込む
   ときに、取り込んだメールはサーバーに残す設定かどうか。


 つまり、電子メールアドレスを提供してくれているプロバイダは利用者
 が多いので、受信するサーバーに無尽蔵で電子メールを保存できる余裕
 はありません。そのため「20MBまで」とか制限を決めているはずです。

 たとえば「BIGLOBE」では以下のような制限があります。
 http://email.biglobe.ne.jp/mailusage.html

  ・最大保存メール通数=999件
  ・最大保存総データ量= 20MB
  ・最大送信メールサイズ/1通=10MB
  ・最大受信メールサイズ/1通=10MB

 ただし、拡張サービスもあり「20MB・1,000通あたり月980円」で追加が
 でき、最大100MB・4,999通まで広げられるみたいですね。

 これはプロバイダによって違うので、ご利用のプロバイダのホームページ
 の「メール」に関する情報ページで調べていただくしかありません。

 一方で、こまめにサーバーにアクセスし、受信されているメールを自分の
 パソコンに取り込むときに、取り込んだメールをサーバーに残さない設定
 にすることで、制限を気にせず、どんどん受け取れることになります。

 「アウトルック・エクスプレス」では、メールアドレスのためアカウント
 を作成すると、初期設定では「サーバーにメッセージのコピーを置く」は
 『オフ』の状態なので、メールをどんどん自分のパソコンに取り込めば、
 よほどのことがない限り、容量を気にする必要はありません。

 もし「サーバーにメッセージのコピーを置く」が『オン』の状態であれば
 メールが一定量あれば、いつか必ずサーバーの容量はいっぱいになります。
 どちらの設定にするかは自己責任で決めてください。

  ・メニューバーから [ツール]?[アカウント] を選択。
   [インターネットアカウント]設定画面が開く

  ・[メール]タグを選択し、現れたアカウント一覧から設定
   したいアカウントを選択してダブルクリック。

  ・「プロパティ」画面で「詳細設定」タグを選択。設定画面
   の[配信]項目で「サーバーにメッセージのコピーを置く」
   の頭にあるチェックボックスの恩・オフで設定を決定。


                ◆◇◆

 通常、メールマガジンは大きな容量の添付ファイルは付けないのが普通
 なので、かなりの種類のメールマガジンを購読したとしても、メールの
 容量でサーバーがいっぱいになる心配はいりません。

 でも「最大メール通数」が制限されてるプロバイダの場合、長期に渡り、
 「サーバーにメッセージのコピーを置く」設定でメール受信を続けると
 制限を越えてしまう可能性はありますのでご注意ください。


 ◎ 「今週のQ&A」は図などを追加、そして一部加筆して公開しています。
    ?> http://www.724685.com/weekly/ 


=========================== [Top に戻る]
 (3) 今週の用語解説(61) ポインタとカーソル
----------------------------------
        ☆毎週、ひとつずつ、パソコン用語を解説していきます。

 ◎ ポインタ(pointer)とカーソル(cursor)

  ・この2つの用語は、パソコンを操作する場合に画面上のある特定の
   場所を示す「マーク」という意味で使われています。その意味では
   どちらを使ってもいいのですが、英語の意味を使って解説をします
   ので、より理解を深めて、使い分けていただければと思います。

  ・まずポインタ(pointer)ですが、パソコンでなにかの操作しようと
   する特定の「ポイント(点、場所)」を『指し示すもの(マーク)』
   という意味で使われます。

  ・ポインタは通常、「矢印」の形をしていますが、ホームページ上で
   リンクされている場所を指すと「人差し指を立てた手」の形に変化
   したり、メール作成の画面など、文字入力ができる範囲では「I」
   の形に変化したりします。すべて「ポインタ」で総称できます。

  ・ポインタは主にマウスの操作により画面上を移動します。そのため
   ポインタは「マウスポインタ」とも呼ばれています。一方でマウス
   のようにポインタを動かして「ポイントを指し示す装置」のことを
   「ポインティングデバイス」といいます。

  ・次に「カーソル(cursor)」ですが、ポインタとまったく同じ意味
   で使われることもありますが、ワープロなどで文字入力をするとき
   『起点』となる位置を示す『点滅する縦棒マーク「|」』のことも
   「カーソル」と呼ばれます。

  ・「カーソル(cursor)」には「走るもの」といった意味があります。
   先ほどの文字入力の起点となる『点滅する縦棒マーク「|」』では、
   「ひと文字」入力をすると右隣に「ピョン」と移動していきます。
   またキーボードにある「上下左右の矢印キー」を使って、文字入力
   したい位置まで「走るように」移動させたりすることができます。

   ※雑学ですが「cursorial birds」は走鳥類(ダチョウやキウイ
    など飛べずに走る鳥類)の意味になるそうです。矢印キーで
    移動させるカーソルの動きを見ているとそんな感じですよね。

  ・文字入力の「カーソル」はマウスポインタによって、文章中で文字
   入力の起点としたい場所(文字と文字の間)をクリックすることで
   移動させることもできるので、

    ・通常の画面上の場所を指し示すマークとして「ポインタ」
    ・文字入力の起点となるマークを「カーソル」

   と決めて使ったほうが理解が早く、混乱は少ないかもしれません。


============ ◇ 編集後記 ◇ =======[Top に戻る]

 ・新種ウイルス「MSBlaster」の対応で、昨日・今日とテンテコ舞いで
  疲れてしまいました。特に添付ファイル経由ではなく、ネットに接続
  するだけで感染の可能性があるウイルスの登場は驚きでした。

 ・約1ヶ月前の7月17日にマイクロソフト社から公式に『緊急』修正が
  必要と公開された「欠陥」を狙ったウイルスには、Blaster(爆弾を
  仕掛ける人)という名前がついており、とても挑戦的です。
  
 ・とにかく、この世に「絶対に安心」なんてことはありません。一方で
  「より安心」にすることはできます。これからも「なにパソ」を通じ、
  「より安心」なパソコン&ネット生活を楽しんでいただける最新情報
  を提供していきますので、よろしくお願いします。
                           (編集長・林)

   ※次回の発行は8月20日(水曜日)の予定です。お楽しみに。
 

修正修正修正修正修正修正修正修正修正修正修正修正修正修正修正修正修

  ※当メールマガジンの配信は「まぐまぐ(http://www.mag2.com/)」
   のシステムを使用しています。(マガジンID: 81405 )

  ※購読を止めたい場合の配信解除は以下のページから簡単です。
   (でも、ぜひぜひ末永く愛読してくださ?い! m(_ _)m ペコリ)

   ◆ 「週刊なにしろパソコン」の紹介、登録&解除、注意事項など
      http://www.724685.com/maga/

   ◆ ご意見ご希望は電子メールで!アドレスは faq@clubqa.com
     またホームページからでもご意見をお送りいただけます。
     「ご意見箱」 http://www.724685.com/10mail/


★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★
 発行元:横河キューアンドエー(株)  http://www.yqa.co.jp/
 発行者:なにしろパソコン編集長 林 俊二 faq@clubqa.com 
 関連ホームページ:
  ◇ なにしろパソコン・ドットコム http://www.724685.com
  ◇ PCSS(パソコン出張サポート)  http://www.724685.com/pcss/
  ◇ クラブQ&A(24時間電話サポート)http://www.clubqa.com

 ◎本文の著作権は発行元と発行者に属します。無断引用・転載は厳禁。
  (家族や友人への転送や、個人的に楽しむ範囲ではご自由にどうぞ)
 ◎記述に誤りがあったり、記述通りの作業をしても無効、あるいは損害
  等が生じた場合でも責任は負いかねます。どうか、ご了承ください。

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

amazon 楽天

紹介&バックナンバー

編集長のプロフィール

編集長

林 俊二 と申します。「なにしろパソコン・ドットコム」のサイト運営、メルマガ執筆、セミナー講師から出張サポートまでこなすパソコン生活応援アドバイザー
編集長のツイッター