[03/07/09] 添付ファイルは「ほどほど」に

■◇◇■ 週刊なにしろパソコン ■◇◇■ 毎週水曜日発行 ■◇◇◇■
  パソコン・インターネットを   発行日:2003/07/09
  楽しむキッカケを提供します!  発行者:横河キューアンドエー(株)
  http://www.724685.com/maga/   連絡先:faq@clubqa.com
■◇◇◇◇■ 第80号 ■◇◇◇◇■ 今週の読者数:6667名 ■◇◇◇■

 ≪今週の目次≫
  (1) 今週のひとこと  情報通信白書で、あなたも情報通!?
  (2) 今週のQ&A   添付ファイルは「ほどほど」に
  (3) 今週の用語解説  液晶ディスプレイの進歩
  (4) 編集後記     総務省によると...

  ※直接ジャンプ! 今週のQ&A今週の用語解説編集後記

 ☆ ご購読ありがとうございます。配信の中止をご希望の方はいつでも
   ご自由に簡単に解除できます → http://www.724685.com/maga/

 ・ バックナンバー http://www.724685.com/maga/
 ・ 今週のQ&A http://www.724685.com/weekly/
 ・ ご意見箱 http://www.724685.com/10mail/
 ・「ウイークリーまぐまぐ」の解除 http://www.mag2.com/wmag/


=========================== [Top に戻る]
 (1) 今週のひとこと  情報通信白書で、あなたも情報通
----------------------------------
      ☆「今日のひとこと」はこちらで http://www.724685.com

 総務省が毎年、情報通信白書を作成し、ホームページで公開しています。
 その平成15年版が7月4日に公開されました。

 ◆ 総務省:情報通信統計データベース:情報通信白書
 ┃ http://www.johotsusintokei.soumu.go.jp/whitepaper/ja/cover/index.htm
 ┗◇ 平成15年版 情報通信白書
   http://www.johotsusintokei.soumu.go.jp/whitepaper/ja/h15/


 私のような、この業界で生きている人間にとって、ある意味でバイブル
 というか、営業活動などで「総務省発表のデータでは... 」という形で
 権威や信頼性を最大限に利用させていただいています。

 といっても、専門用語の羅列ではなく、一般の方でもわかりやすい表現
 や興味を引くような内容に仕上がっています。たとえば


 ・ブロードバンド市場は今後5年間で約5倍に成長し、平成19年に
  約10兆円に達すると予想されています。

 ・ブロードバンド普及の国際比較は、契約数では米国(1,870万)、
  韓国(986万)が2位、に次いで第3位であり、急速に増加中で
  人口差もあり、次回調査では韓国を抜いて2位になるでしょう。

 ・世帯普及率では日本は10位。韓国(67.6%)が突出して1位、
  香港が第2位、台湾が第4位とアジアが世界をリードしています。

 ・情報セキュリティの被害額は、個人では約400億円と推定され、
  その中でも「ウイルス」による被害額が92%を締めています。


 といった具合に、職場でも仲間内でも、ちょっとした「知ったかぶり」
 ができます ^^; もっと「かぶり」たい方は、白書をお読みください。
 たぶん想像しているより、面白い読み物になっていると思いますよ。

 とにかく私たちの税金で作成した白書ですから、誰もが利用する権利
 を持っています。暗い話題が多い中で、日本がブロードバンド先進国
 となり、市場も拡大していることは素直に喜んでいいでしょう。

 そういった意味では、ADSLを思いっきり低価格で提供して、爆発的に
 普及させたのは、ソフトバンクの孫さんの功績なのは明らかです。

 第1章 第1節の4 図表10)ブロードバンド料金の低廉化グラフ
 http://www.johotsusintokei.soumu.go.jp/whitepaper/ja/h15/image/F110110a.gif


=========================== [Top に戻る]
 (2) 今週のQ&A  添付ファイルは「ほどほど」に
----------------------------------
   ☆「クラブQ&A(http://www.clubqa.com/)」での旬なQ&Aをご紹介

 Q:ワードで作成した文書(3MB)を添付送信しようと思いましたが
   「容量オーバー」で返ってきました。このようなサイズの送信は
   不可能なのでしょうか?別に方法がありませんか?

 A:ご利用のメールのプロバイダによります。5MB ?10MB くらいが
   普通ですが、Yahoo!メールなど「フリーメール」では 2MB 前後
   の制限があります。ファイル圧縮などで制限範囲に収めましょう。


                ◆◇◆

 デジカメが普及し、ワードの文書にも積極的に取り込むと、ファイルの
 大きさ(容量)は、すぐに数メガバイト(MB)になってしまいます。 

 添付ファイルは便利だからといって、大きな容量のファイルを送ると、
 受け取る側に迷惑をかける場合があります。アナログ電話回線の利用者
 の場合、受け取るまでに長い時間と電話料金がかかってしまいます。

 さらに通常はブロードバンド利用者だとしても、出先でノートパソコン
 と電話回線でメール確認をしたら、大きな添付ファイルのメールを受け
 取って困ったというケースも増えています。

 とにかく添付ファイルの容量は「ほどほど」にしたほうがいいでしょう。

 とはいえ、ある程度のサイズの報告書を急いで送らないといけないとき
 などあるわけで、そんなときは制限容量以内にできるようファイル圧縮
 をしてみましょう。圧縮&解凍については以下を参考にしてください。

  ◆ 第42回 解凍ソフトはどれがいいの?(02.09.25)
   http://www.724685.com/weekly/qa020925.htm


 ここで紹介した「+Lhaca」は圧縮&解凍ソフトなので、ファイルを簡単
 に圧縮できますのでおすすめです。相手が解凍できない!といってきた
 ときにも、このソフトと上記のページを教えてあげればいいでしょう。


                ◆◇◆

 今回、もとの質問をいただいた読者は「Yahoo!メール」の利用者の方で
 「メールのサーバー容量は 25M なのに、3MB は送れないのですか?」
 といった内容でした。

 通常、「メールのサーバー容量」というのは、受信をして、保存できる
 容量ことで、送信時に添付できるファイル容量とは違います。

 そこでYahoo!メールの「ヘルプ」を調べましたが、添付できるファイル
 容量は「2.2MB」と明確に制限されています。確認してみてください。

  ◆ Yahoo!メール > Yahoo!メールヘルプ > メールを送信する
     > 添付できるファイルの容量は?
    http://help.yahoo.co.jp/help/jp/mail/send/send26.html


 まず何か疑問点があれば、お使いのメールのプロバイダで、ヘルプなど
 を調べて確認することをお薦めします。

 また「保存できる容量が 25MB」だとすると、1日にたくさんのメール
 を受信する人で、何通も数メガバイトの添付ファイルが送られてきたら
 容量オーバーで、メールが受け取れなくなってしまいますよね。

 ということで、メールの送信時には、できるだけ受信する相手のことも
 考えて、大容量の添付ファイルは控えるようにしましょう。


 ◎ 「今週のQ&A」は図などを追加、そして一部加筆して公開しています。
    ?> http://www.724685.com/weekly/ 


=========================== [Top に戻る]
 (3) 今週の用語解説(56) 液晶ディスプレイの進歩
----------------------------------
        ☆毎週、ひとつずつ、パソコン用語を解説していきます。

 ◎ 液晶(Liquid Cristal:リキッド クリスタル)

  ・ノートパソコンだけでなく、据え置き型のパソコンでも「液晶」は
   もうすっかり表示装置(ディスプレイ)として定着しました。

  ・場所も取らず、消費電力も少ないとなれば、画面の大型化に成功し、
   明るさも向上し、動画を表示するときの反応速度の鈍さも改善され、
   値段も下がってきた現在、表示装置の主役となりました。

  ・「液晶」は、その名の通り、液体(Liquid)と結晶(Cristal)の
   中間にある状態を持つ物質です。棒状「分子」がゆるやかな規則性
   をもって集まっている、という説明では難しいですか?

  ・この液晶に電気的な刺激を与える(電圧をかける)と、棒状分子の
   並び方が変わることで、光の通し方も変わることが発見されました。
   電圧をかけないと適当に並んでいる分子が、電圧をかけると一定の
   方向にずらりと並ぶ、といったイメージでいいと思います。

  ・そこで液晶を薄い膜に閉じ込め、その膜に電圧をかけることで光を
   通すか通さないかを「シャッター」のように制御できるカラクリを
   考えたわけです。それを表示装置に応用したのが液晶ディスプレイ
   (LCD=Liquid Crystal Display)のはじまりです。

  ・最初はデジタル時計や電卓の表示から始まり、小型ゲーム機などの
   表示機にも使われ始め、徐々に大型化され、ついにはカラー表示も
   可能となってきました。

  ・棒状分子の並び方が変わって、光の通し方が変わる、ということは
   並び変わるまでに僅かですが時間が必要で、非常に早い表示変化に
   ついていけず、残像が残る欠点がありました。また液晶自体が発光
   するわけではないので明るさに難があるということもありました。

  ・しかし、ご存知のとおり、今では大画面テレビでも採用されはじめ、
   液晶技術の進歩は欠点をどんどん解消し、最近では表面処理を工夫
   したスーパーファイン液晶など、目を見張るばかりの躍進です。

   ということで「液晶」について、さらに詳しい解説が欲しい場合は
   やはり「シャープ」さんのホームページにお任せしましょう。

   ◆ 液晶って何?(シャープ)
    http://www.sharp.co.jp/products/lcd/

    ※ 電卓への利用からはじまり、さすがは液晶といえば
      シャープさんといった感じの情報が満載です。


============ ◇ 編集後記 ◇ =======[Top に戻る]

 ・ご紹介した総務省の情報通信白書・平成15年版によると

  「情報セキュリティ対策」について「何もしていない」人は 33.6%
 
  そしてその内 86.5% が「必要性は感じているが対策を行っていない」
  と回答しています。必要なのにしない、というのも困ったものです。
  
  ◆ 情報セキュリティに関する対策と課題(総務省・情報通信白書)
   http://www.johotsusintokei.soumu.go.jp/whitepaper/ja/h15/html/F1504100.html


 ・そのセキュリティ対策(ウイルス対策)を行なわない理由としては

    具体的な対策方法が分からないから    65.3
    費用がかかるから            33.9
    面倒だから               25.4
    自分が被害にあっても大きな損害は
    受けないと考えているから        12.4
    対策をしても被害にあうと考えているから 12.4
                       (%:複数回答)

  という内訳です。まあウイルス感染の痛手と問題の大きさは、経験を
  しないと実感がないので放置しがちですが、自分だけではなく、周り
  の人にも迷惑をかける、ということを忘れたくないものです。

  ※ 先日、SARSに感染していたのに「大丈夫だろう」と自己判断して
    日本の観光旅行に参加した台湾の医師を思い出すといいでしょう。


 ・ということで「安心だネット!」サービスをさらに積極的に推進して
  いきたいとの使命感を強くした編集長でした ^^;

   ◆「安心だネット!」サービス http://club.724685.com

  月300円(1日あたり10円!)とお手軽です。何も対策をしていない
  方は、ぜひご検討ください。順調なら10分ほどで導入できます。
                           (編集長・林)

   ※次回の発行は7月16日(木曜日)の予定です。お楽しみに。
 

白書白書白書白書白書白書白書白書白書白書白書白書白書白書白書白書白

  ※当メールマガジンの配信は「まぐまぐ(http://www.mag2.com/)」
   のシステムを使用しています。(マガジンID: 81405 )

  ※購読を止めたい場合の配信解除は以下のページから簡単です。
   (でも、ぜひぜひ末永く愛読してくださ?い! m(_ _)m ペコリ)

   ◆ 「週刊なにしろパソコン」の紹介、登録&解除、注意事項など
      http://www.724685.com/maga/

   ◆ ご意見ご希望は電子メールで!アドレスは faq@clubqa.com
     またホームページからでもご意見をお送りいただけます。
     「ご意見箱」 http://www.724685.com/10mail/


★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★
 発行元:横河キューアンドエー(株)  http://www.yqa.co.jp/
 発行者:なにしろパソコン編集長 林 俊二 faq@clubqa.com 
 関連ホームページ:
  ◇ なにしろパソコン・ドットコム http://www.724685.com
  ◇ PCSS(パソコン出張サポート)  http://www.724685.com/pcss/
  ◇ クラブQ&A(24時間電話サポート)http://www.clubqa.com

 ◎本文の著作権は発行元と発行者に属します。無断引用・転載は厳禁。
  (家族や友人への転送や、個人的に楽しむ範囲ではご自由にどうぞ)

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

amazon 楽天

紹介&バックナンバー

編集長のプロフィール

編集長

林 俊二 と申します。「なにしろパソコン・ドットコム」のサイト運営、メルマガ執筆、セミナー講師から出張サポートまでこなすパソコン生活応援アドバイザー
編集長のツイッター