米 MS が Chromium版 Microsoft Edge の正式版を公開

米マイクロソフトが Chromium版「Microsoft Edge」正式版を公開。でも、日本の電子納税 e-Tax が対応していないなど、まだ慌てて導入する必要はありません。

20200120-134336.png

【編集長のもうひとこと】

「Chromium版」って何?という方は、以下の用語解説をどうぞ。

 

要するに

『マイクロソフトが提供するブラウザーアプリ「Microsoft Edge(エッジ)」の基本部分を、グーグルが提供する「Google Chrome(クローム)」と同じものにする』

ということです。

 

これは利用者以上に、ウェブサイトやウェブアプリの開発者や提供者が

『これからはもういくつものブラウザーでちゃんと表示されるかチェックしなくてもいい』

という大きな恩恵があります。

 

わたしもこれまで 20年以上、サイトの開発や運営に携わってきましたが、IE では表示が崩れるとか、古いバージョンではエラーが出るとか、いろいろと煩わされてきたものです。

それがとにかく

『Google Chrome でちゃんと表示できて動けば大丈夫!』

となるわけですから、ありがたいです。

 

とはいえ、まだ慌てて Chromium版 Microsoft Edge を導入する必要はありません。

『果報は寝て待て』くらいでよろしいかと。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!