「シャープ、東芝の PC事業を 40億円で買収」して再参入

PC Watch で「シャープ、東芝のPC事業を40億円で買収」と知って驚きました。東芝の PC事業売却は想定内ですが、シャープの再参入は意外でした。

【編集長のもうひとこと】

東芝の経営状況から PC事業の売却は予想できましたが、相手がシャープというのは意外でした。

なぜならシャープといえば、もう 8年も前に PC事業からは撤退していたからです。

それが親会社が鴻海(ホンハイ)精密工業(台湾)となって経営を立て直し、PC事業にも再参入というのは凄い展開です。

 

「東芝のノートPC」は世界で最も売れていた時代もあったので、シャープと一緒にもう一度「ダイナブック」を躍進させていただきたいです。

もちろん運営が日本企業でなくなるのはちょっと寂しいですけど。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!