富士通、レノボ、日本政策投資銀行が PC事業会社を設立

富士通より「レノボおよび日本政策投資銀行と PC事業の合弁会社を設立」とのリリースがあり、NECも富士通も PC事業はレノボグループとなります。

【編集長のもうひとこと】

世界市場でもパソコン市場の伸びは期待できず、日本市場は縮小傾向が止められない中、いくつものメーカーが共存するのは難しいのが現状です。

とはいえ、NEC も 富士通も PC事業が レノボグループになってしまうのは寂しいです。

 

その一方で「レノボグループの国内シェアは 40%超え」となるので、大きく飛躍して欲しい思いもあります。

NEC と同様、富士通の PC事業も「ブランドは残す」ようですが、せっかくなら NEC、富士通、レノボの得意な部分を活かして、究極の一台を生み出してもらいたいものです。

 

いま「タッチおじさん」は幸せなのでしょうか?

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!