Googleロゴ(Doodle)が「2016年 うるう年」のアニメに

Google のロゴ(Doodle)が「2016 年うるう年」のデザインに。「29」と番号の付いたウサギが、二匹の間に飛び込むアニメーションがカワイイです。

【編集長のもうひとこと】

「うるう年」は英語で「leap year」といいます。「leap」には「跳ぶ」という意味があります。

では、1日増える年が、なぜ「leap」なのでしょう?

 

検索すると、以下のページにひとつの説が紹介されていました。

通常の年は 1年で「曜日」が 1日分ずれるけど、うるう年によって1日増えて 2日分ずれる(1日分跳ぶ)ことになる、ということのようです。

 

要するに 365 割る 7 は 52 余り 1 ですが、366 になると割る 7 での余りは 2 となり、2日分ずれるというわけです。

そういう意味でも「ウサギがジャンプで割り込む」アニメーションはしっくり感じます。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!