なぜ 7月20日に「海の日」が制定されたのか

海の日」は、明治 9年、明治天皇が東北ご巡幸の帰途、灯台視察船「明治丸」で横浜にご安着された日(7月20日)が由来とのことです。

【編集長のもうひとこと】

明治神宮のサイトでも「海の日」の由来が詳しく紹介されています。

このページの最後は

「海の日」を通して「海の恩恵に感謝」する気持ちと、明治天皇を中心に国民が一致協力して世界に雄飛した明治の時代を敬慕し、その精神を偲びながら新しい時代に向けて進んで行きたいものです。

と締めくくられています。

さすがに明治時代の精神を偲ぶのは難しいですが、日本という国が一貫して海の恩恵を受けてきたことは間違いありません。

あらためて海の恵みと、さらにその安全を守るために尽力されてきた皆さんに感謝したいです。

4890633308

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!