ワットモニター付きタップ 700-TP212DW で消費電力を把握

【編集長のもうひとこと】

購入から実際の計測までを「なにごとも経験」で記事にしましたので、よかったらお読みください。

20140911-02

 

結果表示が 4秒おきに切り替わるなど、少し使いづらいところもありますが、どれくらいの消費電力なのか、そして待機電力はどれくらいなのかを把握するには十分だと思います。

ただ、その結果を節電につなげたいのであればスイッチ付きの商品(700-TP1052DW)のほうがいいかもしれません。

B003IU4LXG

用途によって選ぶといいでしょう。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「商品紹介」の記事

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!