スマートフォンで商品を購入する「モバイルショッパー」

Google が調べた「購買プロセスに取り入れられるスマートフォン」の調査結果が興味深いです。商品やサービスの種類によって検討や購買のタイミングが違う、というグラフなどが面白いです。

【編集長のもうひとこと】

調査対象がスマートフォンを使っている 1,033人 なので、今後、誰もが使うようになっていくとどうなるか予測する参考にはなりそうです。

そのスマートフォン所有者の中で

・ 商品やサービスを日常的にモバイルで調べる人は 67%
・ さらに購入する「モバイルショッパー」は 33%

なのだそうです。

 

注目は「スマートフォンで購入しない理由」で

54% スクリーンのサイズが小さい
44% 商品の詳細情報が見づらい
33% 文字の入力がしづらい
25% 価格やオプションの比較がしづらい
24% クレジットカード情報を扱うことへの不安

裏返せば、使い勝手やセキュリティなどが改善されれば「モバイルショッパー」はもっと増えるということです。

 

興味のある方は、フルレポートを読むことができます。

フルレポートのPDFをダウンロード(無料)

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!