写したいときそこにあるはずのコダックが

米コダックがデジタルカメラ事業からの撤退を発表。写真フィルムで築いた巨大ブランドもデジタルの流れに飲み込まれました。以下の記事が読み応えあります。「瀕死のコダックと飛躍する富士フイルム

【編集長のもうひとこと】

編集長が子供の頃、「写したいときそこにある?♪」という楽しい曲のCMに心動かされて、コダックポケットカメラを親にねだって買ってもらった記憶があります。

でも、実際に使ってみると、ポケットフィルムのため割高だし、フィルムのサイズが小さいから現像した写真も鮮明でなく、結局、あまり使わずに終わりました。
 

そもそも子供のお小遣いではフィルムや現像に使える額は知れており、カメラを買ってから「フィルムで儲けるビジネス」だということに気がついたわけです。

 
そんなコダックが、フィルムのいらない時代に苦戦するのは当然です。

それでも、同じ境遇であるはずの富士フィルムが「フィルム技術」を生かして頑張っていることを考えるとコダックの結果には残念です。
 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

今日のひとこと」をお読みいただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

今日のひとこと」以外にも「パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」で各種Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

amazon 楽天

なにしろパソコン.com

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!