電源設定時の「バッテリ駆動」とは?「電源に接続」とは?

Windows 7 や Windows 10 を搭載したノートパソコンやタブレットの「電源オプション」には「電源に接続」と「バッテリ駆動」の状態に分けて、それぞれ違う設定にできる項目があります。

 

たとえばノートパソコンをバッテリーだけで使用している「バッテリ駆動」のときは、バッテリーの消耗を抑えたいので画面を暗くしたり、操作しないと短い時間で自動的にスリープ状態にするなどで、バッテリーを長持ちさせられます。

一方、電源につないでいる「電源に接続」のときは、バッテリーの消耗は気にしなくてもいいので画面を明るめに設定したり、まったく操作しないときでもスリープ状態になるまでの時間を長めに設定しても構わないのです。

 

ほかにもノートパソコンを使用中に電源ボタンを押しときや、カバーを閉じたときの動作も「バッテリ駆動」と「電源に接続」で設定を変えることができます。

 

最近のノートパソコンはバッテリーもかなり長持ちするので、購入してしばらくは電源の設定などそれほど気にしなくても大丈夫でしょう。

それでも使っているうちにバッテリーの能力は徐々に落ちてくるので、少しでも長く持たせたいときは「電源オプション」を調整してみましょう。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

過去の用語解説 (400 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細 順位

ブログパーツ

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...