「ツイッター本」は翔泳社「ポケット百科」シリーズの1冊

質問「ツイッター本」の出版社はどこですか?また、どういったコンセプトで作られた本ですか?

回答技術系の書籍に強い「翔泳社」から出版されます。今回の「ツイッター本」は「ポケット百科」シリーズの1冊です。

翔泳社さんは技術系、ビジネス系の書籍が中心なので、誰もが知っている出版社ではないかもしれません。出版以外にも Webマガジン、ソフトウェア、セミナーなど様々なコンテンツ提供をおこなっています。

翔泳社(SHOEISHA) ? 翔泳社について

 

「SE」というロゴで認知している人も多いかもしれません。

 

たとえば最近では「 ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書」という翻訳本が売れており、技術系書籍に強い書店では平積みで売られています。

 

そんな翔泳社がシリーズ企画として発行している入門書が「ポケット百科」シリーズです。

 

このシリーズの『3つの特徴』として

が挙げられています。

 

そんな「ポケット百科」シリーズの中でも改訂版の登場した「facebook 知りたいことがズバッとわかる本」は数多い「フェイスブック本」の中でも、よく売れているといっていいでしょう。

今回、「ツイッター本」のプレゼント企画をしていますが、ツイッターのことは分かっているよ!という人のために「ポケット百科」シリーズから欲しい本を選べるようにしたいと考えています。

 

プレゼント企画の詳細は別途、お知らせしますので、お楽しみに!

 

スポンサーリンク

 

同じカテゴリー「出版」の記事

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「ツイッター本の裏技&裏話」では裏技的な設定やサービス利用なども紹介していますが、確実な動作をお約束するものではありません。 ご利用の端末やネット接続の環境によっては効果がなかったり、不具合を誘発する場合もあります。そのため、ツイッターのデータは Twilog に保存するなど大切にしましょう。

本サイトを参考にした端末の設定、ツイッター利用、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そして裏技の実施は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。