[20/03/11] 特定サイト内に限定した「Google検索」のやり方

■◇◇■ 週刊なにしろパソコン ■◇◇■ 毎週水曜日発行 ■◇◇◇■
  パソコン・インターネットを   発行日:2020/3/11(配信は翌日)
  楽しむキッカケを提供します!  発行者:なにしろパソコン編集長
  https://www.724685.com/maga/  連絡先:faq@724685.com
■◇◇◇■ 第914号 ■◇◇◇◇■ 今週の読者数: 4,193名 ■◇◇◇■

 ≪今週の目次≫
  (1) 今週のひとこと 「楽天市場」の「送料無料」戦略のゆくえは?
  (2) 今週のQ&A  特定サイト内に限定した「Google検索」のやり方
  (3) 新・用語解説  ウェブブラウザーの「ページ内検索」とは
  (4) 編集後記    「サイト内検索」と「ページ内検索」も参考に
  ※直接ジャンプ! 今週のQ&A今週の用語解説編集後記
 ☆ 配信中止ご希望の方は以下の「まぐまぐ!」の公式ページで「登録
   する」の下にある「メールマガジンを解除」から解除できます。
            → https://www.mag2.com/m/0000081405.html

  ・ すべてのバックナンバー https://www.724685.com/maga/
  ・ パソコントラブルQ&A https://www.724685.com/weekly/
  ・ パソコン用語解説    https://www.724685.com/word/
  ・ お問い合わせフォーム  https://www.724685.com/ask/


=========================== [Top に戻る]
 (1) 今週のひとこと 「楽天市場」の「送料無料」戦略のゆくえは?
----------------------------------
      ☆「今日のひとこと」はこちらで https://www.724685.com/
 
 「楽天市場」がすべての参加ショップに対して、一定金額以上の買い物
 をした場合に送料無料にする、という戦略が議論を呼んでいました。

 ◆ 楽天の送料無料化問題、公取委が緊急停止命令を申し立て
   - Impress Watch(2020/2/28)
  https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1237888.html

 結局は「賛同するショップのみ」でスタートすることになったようです。

 ◆【楽天市場】送料無料ラインガイド
  https://event.rakuten.co.jp/guide/freeshippingline/

 確かにこのほうが無難なスタートですし、実際に効果が出ることが数字
 で示されれば、参加を躊躇するショップも説得できる材料になりますし、
 もし効果がなければ、その事実をもって終了とすればいいだけです。


 「楽天市場」に参加するショップは幅広く、規模も体力差もあるのに、
 全ショップで一律に始める、というのが乱暴すぎたと言えるでしょう。

 ◆ 公取委、楽天の送料込み施策の緊急停止命令取り下げ。
  「緊急性が薄れた」 - Impress Watch(2020/3/10)
  https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1240036.html

 もちろん、利用者にとっては送料込みで「安いほうが嬉しい」のは確か
 ですが、ショップが疲弊してでも「安ければいい」とも思えません。

 さて、実際には参加ショップの売上はどうなるでしょうか?興味が湧く
 ところです。半年後にでも発表してくれると嬉しいのですが...。


=========================== [Top に戻る]
 (2) 今週のQ&A 特定サイト内に限定した「Google検索」のやり方
----------------------------------
    ☆「パソコントラブルQ&A」 https://www.724685.com/weekly/

 Q:特定のサイト内にあるページ限定で「Google検索」はできますか?

 A:検索結果を特定の「サイト」で絞り込むことは可能です。


                ◆◇◆

 ほとんどのサイトでは、サイト自体が「検索」機能を用意しているので
 基本的には、その機能を利用すればいいのですが、たまに「検索」機能
 を用意していないサイトや検索結果が気に入らないサイトもあります。


 そんなときは「Google検索」で検索したいキーワードの前か後に

  site:[特定サイトの URL またはドメイン]

 を追加で入力すれば検索結果を絞り込めます。たとえば「なにパソ」の
 サイト内であれば

  site:www.724685.com あるいは site:724685.com

 をキーワードと並べて「スペース」をはさんで入力すればいいので

  site:724685.com パソコントラブル

 といった形式になります。


 サイト内の検索なので「site(サイト)」を使うわけですが、頻繁には
 使わないので覚えられない、という方は「Google検索」のトップ画面を
 開き、右下の「設定」にある「検索オプション」を覚えておきましょう。

 ◆ 検索オプション
  https://www.google.co.jp/advanced_search


 クリックして開く「検索オプション」画面に「検索結果の絞り込み」の
 ひとつとして「サイトまたはドメイン」という項目があるので、ここに
 先ほどの [特定サイトの URL またはドメイン] を入力します。

 あとは「検索するキーワード」にキーワードを入力して、画面下にある
 「詳細検索」ボタンをクリックすれば絞り込まれた検索結果が現れます。


 結果画面のキーワード入力ボックスには、ちゃんとキーワードと一緒に
 「site:[特定サイトのホームアドレスまたはドメイン] 」が表示され、
 サイトによる絞り込みができているのが分かるはずです。


                ◆◇◆

 この [特定サイトの URL またはドメイン] を入力するさえも面倒なら
 以下のページに紹介されている「ブックマークレット」も使えます。

 ◆ どのサイトでも「サイト内検索」ができるブックマークレット
   | ライフハッカー[日本版](2012.10.22)
  https://www.lifehacker.jp/2012/10/121022sitebookmarklet.html

 サイト内を検索したいサイトを開いてから、作成した「サイト内検索」
 という名前の「ブックマークレット」をクリックすると、サイト内検索
 専用の「検索ボックス」が画面上に表示されて検索ができます。


 記事は古いですが Google Chrome でも Microsoft Edge でも使えます。
 何度も繰り返し「サイト内検索」をしたいときには役に立つでしょう。

 
=========================== [Top に戻る]
 (3) 新・用語解説 ウェブブラウザーの「ページ内検索」とは
----------------------------------
         ☆「パソコン用語解説」 https://www.724685.com/word/

 ・ウェブブラウザーで開いたページ内に特定のキーワードがあるか探す
  機能が「ページ内検索」です。主要なブラウザーでは「Ctrl」+「F」
  というショートカットキーが割り当てられています。

  ◎ Google Chrome(新しい Microsoft Edge)の場合

   ショートカットキー以外に、右上の「設定」メニューから「検索」
   を選択しても「検索バー」を表示でき、キーワード入力と同時に
   見つかったキーワードを黄色いマーカー表示できます。

   ・何個見つかって、何番目が選択されているか数字で表示される
   ・キーワードが黄色くマーカー表示され、選択されるとオレンジ色
   ・キーワードが複数なら「Enter」キーで選択が切り替わる
    ※「検索バー」の「上」「下」ボタンでも切り替え可能
   ・スクロールバーに「どのあたりにあるか」表示される

  ◎ 従来の Microsoft Edge の場合

   こちらも右上の「設定」メニューから「ページ内の検索」を選択
   して「ページ内の検索」バーが表示でき、キーワード入力と同時
   に見つかったキーワードを黄色くマーカー表示できます。

   ・何個見つかって、何番目が選択されているか数字で表示される
   ・キーワードが黄色くマーカー表示され、選択されると青や白に
   ・キーワードが複数なら「Enter」キーで選択が切り替わる
    ※「検索バー」の「<」「>」ボタンでも切り替え可能
   ・ページを移動しても「検索バー」を常時表示できるのは便利

  特にキーワードがページ内にいくつもあるときに「ページ内検索」は
  便利。「F」は「見つける」の英単語「Find」の頭文字で覚えます。


============ ◇ 編集後記 ◇ =======[Top に戻る]

 お店を紹介する「ブログ」は数えきれないほどありますが、記事で紹介
 したお店の「店名一覧」を五十音表示したり、店名やジャンルで検索が
 できるようにした「ブログ」はあまりありません。

 そのため、自分の「ブログ」では店名一覧や検索ができるようにしたい
 と思って試行錯誤した結果、かなり希望に近づけることができました。

 ◆ 吉祥寺ブログ「きちログ」 https://kichilog.com/

  ◇「吉祥寺ランチ」で食べ歩きした店名一覧(五十音順)
   https://kichilog.com/store/

  ◇「店名検索」結果に「料理ジャンル」も表示して「料理ジャンル」
   からも検索できるように改良 | 吉祥寺ブログ「きちログ」
   https://kichilog.com/genre-search/

 その中で「サイト内検索」「ページ内検索」の方法も参考にしました。
 そしてそのとき復習したことも交えて、今回は記事を書いてみました。

                           (編集長・林)

 ※ 次回の配信は 2020年3月19日(木曜日)の予定です。

検索検索検索検索検索検索検索検索検索検索検索検索検索検索検索検索検

  ※当メールマガジンの配信は「まぐまぐ(https://www.mag2.com/)」
   のシステムを使用しています。(マガジンID:81405 殿堂入り!)

  ※購読の解除は、以下の「まぐまぐ!」公式ページで「登録する」
   の下にある「メールマガジンを解除」から解除できます。
   https://www.mag2.com/m/0000081405.html
               ↓
   分からない、うまく解除できない場合は、当メルマガをそのまま
   返信いただけば、解除依頼と判断して代行させていただきます。

  ◆ご意見ご希望は電子メールで!アドレスは faq@724685.com
   またホームページからでもご意見をお送りいただけます。
   「お問い合わせフォーム」 https://www.724685.com/ask/


★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

 発行者:なにしろパソコン編集長 林 俊二 faq@724685.com
 関連ホームページ:

  ◆ なにしろパソコン.com  https://www.724685.com/
  ◇ 週刊なにしろパソコン  https://www.724685.com/maga/

  ◆ 今日のひとこと・ブログ https://www.724685.com/blog/
  ◇ パソコントラブルQ&A https://www.724685.com/weekly/
  ◆ パソコン用語解説    https://www.724685.com/word/

  ◇ なにしろパソコン編集長 - Twitter
                https://twitter.com/724685
  ◆ なにしろパソコン - Facebookページ
                https://www.facebook.com/724685.fan
  ◇ なにごとも経験・ブログ https://www.nanigoto.com/


 ◎本文の著作権は発行者に属します。無断引用・転載はご遠慮ください。
  (家族や友人への転送や、個人的に楽しむ範囲ではご自由にどうぞ)

 ◎記述に誤りがあったり、記述通りの作業をしても無効、あるいは損害
  等が生じた場合でも責任は負いかねます。どうか、ご了承ください。

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★
 

amazon 楽天

紹介&バックナンバー

編集長のプロフィール

編集長

林 俊二 と申します。「なにしろパソコン・ドットコム」のサイト運営、メルマガ執筆、セミナー講師から出張サポートまでこなすパソコン生活応援アドバイザー
編集長のツイッター