[07/08/29] 音楽CD の曲をパソコンに取り込む

■◇■ 週刊クラブQ&A パソコンクリニック(クラブQ&A版) ■◇■
  パソコン・インターネットを   発行日:2007/08/29(毎週水曜日)
  楽しむキッカケを提供します!  発行者:キューアンドエー株式会社
  http://www.clubqa.com/mailmagazine/  連絡先:faq@clubqa.com
■◇◇■ 第231+61号 ■◇◇■ 今週の読者数:10,359+1,244名 ■◇◇■

 ≪今週の目次≫
  (1) 今週のひとこと パソコンは最強の音楽プレーヤ
  (2) 今週のQ&A  音楽CD の曲をパソコンに取り込みたい
  (3) 今週の用語解説 「リッピング」で音楽データはいただき!
  (4) 編集後記    いよいよ「第2回セミナー」本番!

  ※直接ジャンプ! 今週のQ&A今週の用語解説編集後記

 ☆ ご利用ありがとうございます。配信中止ご希望の方は専用ページ
   で簡単にできます。 → https://www.clubqa.com/magazine/check/

  ・ 全てのバックナンバー http://www.724685.com/maga/
  ・ 質問リクエスト http://www.clubqa.com/mailcare/
  ・ お問い合わせ http://www.clubqa.com/faq/ask/


=========================== [Top に戻る]
 (1) 今週のひとこと パソコンは最強の音楽プレーヤ
----------------------------------
      ☆「今日のひとこと」はこちらで http://www.724685.com/

 実は編集長も、つい先日までは自分のパソコンに手持ちの 音楽CD から
 音楽データを取り込むことはしていませんでした。理由は手間なことと、
 なにより 音楽CD は CDプレーヤ で聴くものだと思っていたからです。

 ところが2台あった CDプレーヤ が相次いで壊れ、さらに仕事のために
 Windows Vista マシンが必要となり、現在、フル稼働中のメインマシン
 とは別に Vista のノートパソコンを買ったのを機に始めてみました。


 ノートパソコンの内蔵スピーカでは音が良くないので、外部のコンポに
 つなぐことで、立派に Vista マシンは「音楽専用パソコン」と変身し、
 あまりの便利さに、もっと早く始めたらよかったと後悔するほどです。

 ※音質も、部屋で音量を抑えて聴いているレベルでは問題なしです。


 手持ちの CD からの取り込みが終わると、面白くなって、調子に乗って
 「TSUTAYA」で山ほど CD をレンタルして、ドンドン取り込んだため、
 気が付いたら 5,000曲を越え、容量も約20GB に膨れ上がってきました。

 それでも「iTunes」を使えば、アーティスト名、アルバム名でいつでも
 すぐに呼び出せ、検索もできるので、いままでとは比べものにならない
 くらい、音楽をいつでも自由に聴けるようになって感激しています。

 
 確かに、最初に取り込む(リッピング)作業は面倒ですが、それだけの
 価値はあると編集長は実感しました。こうなると古いテープに録音した
 曲もパソコンに取り込みたくなるのが人情ですが、その話はまた次回。


=========================== [Top に戻る]
 (2) 今週のQ&A 音楽CD の曲をパソコンに取り込みたい
----------------------------------
       ☆「質問リクエスト」 http://www.clubqa.com/mailcare/

 Q:パソコンに手持ちの 音楽CD の曲をパソコンに取り込みたい。

 A:まずは Windows Media Player で試してみましょう。


                ◆◇◆

 パソコンに最初から CD/DVD を読み込めて、さらにデータを書き込める
 ドライバが付属しているのが一般的になりました。それでも、お持ちの
 音楽CD の曲をパソコンに取り込むまではしていない方も多いようです。

 確かにやるまでは面倒ですが、一度やってみると思った以上に簡単で、
 テレビでも見ながら、本でも読みながらの作業でも十分にできます。


 そこで今回、Windows に付属している「Windows Media Player(WMP)」
 で手順を説明します。まずは1枚、音楽CD を取り込んでみましょう。


 曲を取り込みたい 音楽CD をパソコンの CD(DVD)ドライブに入れます。
 (トレイが出てきたら 音楽CD をセットして、トレイを戻すだけです)
 すると「Audio CD」というタイトルでウインドウが開きます。

 ※すでに WMP を起動させている場合は、曲の再生が始まりますので
  まずは一度、WMP を終了させてから作業してみてください。


 「Windowsが実行する動作を選んでください」と書かれた下に動作の候補
 がリスト表示されていますので、その中から

      CD から音楽を録音します
      Windows Media Player使用

 を選択して「OK」ボタンをクリックします。

 ※Vista の場合、「OK」ボタンはないので「CD から音楽を取り込む」
  という項目をクリックするだけで次に進みます。


 これで WMP が起動します。そこにセットした 音楽CD の曲目がリストで
 表示され、自動的に1曲ずつ「転送します」→「ライブラリに録音済み」
 という表示で、どんどん曲がパソコンに取り込まれていきます。

 ※取り込む時間は 音楽CD の内容やお使いのパソコンやドライバ能力
  によって違ってきますが、CD 1枚が 数分?十数分 で終わります。


 すべての曲が「ライブラリに録音済み」になったら 音楽CD はドライブ
 から取り出して構いません。録音済みの曲目リストが消えますが、曲の
 音楽データはパソコンに保存されているので大丈夫です。

 取り込んだ曲を聴きたい場合は WMP のメニューボタンに「ライブラリ」
 あるいは「メディアライブラリ」と書かれたボタンがあるので、それを
 クリックしてみてください。取り込んだ「アルバム」があるはずです。

 
 パソコンがインターネットに接続されている場合、市販の 音楽CD なら
 自動的に曲名やアーティスト名が取得されます。「不明」となっている
 場合は一度、「ツール」メニューの「オプション」を開いて

  □ CDおよびDVDのメディア情報をインターネットから取得する
  □ 不足しているメディア情報をインターネットから取得して
    音楽ファイルを更新する

 にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックしてみてください。これで
 まだ曲名やアーティスト名が出ない場合は、自分で必要なデータを入力
 する必要がありますが、一般的な 音楽CD であれば見つかるはずです。

 ※ただし、アルバムのジャケット写真(アート)は見つからないと
  いうことも多いので、個人で楽しむ分にはアマゾンなどで探して
  その画像をコピー&貼り付けすることで完成します。
 
 あとは曲目などをダブルクリックすれば再生が開始されます。


 手持ちの CD を取り込んだら、良く聞く曲だけ集めて「再生リスト」を
 作ったり、ドライバに CD-R への書き込み機能があれば「マイベスト」
 といった 音楽CD を作ることもできます。いろいろ試してみましょう。


                ◆◇◆

 「Windows Media Player」以外にも、「iPod」のファイル管理ソフトと
 して人気があり、無料で公開されている「iTunes(アイチューンズ)」
 でもほぼ同様のことができ、しかも使い勝手もいいのでおすすめです。

  ◆ アップル - iTunes - Download
   http://www.apple.com/jp/itunes/download/

   ※ただし、お使いになるパソコンのシステム条件などを
    確認の上で、自己責任でインストールしてください。

 「iPod」を買わなければ「iTunes」を使っても仕方がない、と勘違いを
 してしまいがちですが、手持ちやレンタルしてきた 音楽CD をパソコン
 に取り込み、再生するためだけでも十分に便利なソフトです。


 あとは慣れと好みの問題なので、同じ 音楽CD を取り込んで、WMP との
 使い勝手や表示の好き嫌いを判断すればいいでしょう。とにかく、毎回、
 音楽CD を出し入れしなくても、パソコンだけで自分の音楽ライブラリ
 を管理、再生できる便利さは、一度知ったら病みつきになるでしょう。


 ◎「今週のQ&A」は図などを追加、一部加筆して、順次、公開中。
    ?> http://www.724685.com/weekly/

=========================== [Top に戻る]
 (3) 今週の用語解説 「リッピング」で音楽データはいただき!
----------------------------------
        ☆毎週、ひとつずつ、パソコン用語を解説していきます。

 ・パソコンを使って、音楽CD から曲を、たとえば MP3 といった形式の
  音楽データファイルとして取り込み、そのファイルを小型プレーヤで
  持ち運べば、どこでも音楽が楽しめる、という使い方が普及しました。

  ※アップル社の携帯音楽プレーヤ「iPod(アイポッド)」が有名です。


  この「音楽CD に記録されているデジタル形式の音声データを抽出し、
  パソコンなどで使いやすいファイル形式に変換して保存すること」を
  「リッピング(ripping)」といい、耳にする機会も増えました。

  「リッピング(ripping)」の元となる動詞の「rip」は、「くちびる」
  の「リップ(lip)」ではなく、「引き裂く」「切り取る」という意味
  の「rip」です。余談ですが、ロンドンの連続猟奇殺人犯として有名な
  「切り裂きジャック」は英語では「Jack the Ripper」です。
                       ~~~

 ・「音楽CD(Audio CD)」をパソコンの「CD(DVD)ドライバ」を使い、
  ディスクの中を開いてみても、パソコンで再生できる「音楽データ」
  は見えず、あるのは「Track**.cda」といった名前のファイルだけです。

  この「cda形式」ファイルは、音楽CD に保存されている曲を区別する
  ためのファイルで、容量も 44バイト 程度しかない情報ファイルで、
  これを CD-R に保存しても 音楽CD のコピーはできません。

  ※これで「音楽CD がコピーできない」と思い込むケースがあります。

  ここで「リッピング」という作業が必要になるわけですが、Windows
  には標準でリッピング機能も持った「Windows Media Player」が付属
  しているので、パソコンに手持ちの 音楽CD を取り込みたい場合は、
  とりあえず、このソフトを使うことで実現できます。


============ ◇ 編集後記 ◇ =======[Top に戻る]

 明日(すでに今日)、いよいよ第2回の編集長セミナーです。ここまで
 くるとジタバタしても仕方がないので、今日は早めにメールマガジンを
 仕上げて、本番に備えてきちんと睡眠をとろうと思っています。

  ◆ 第2回「パソコン生活応援セミナー」の概要
  http://www.clubqa.com/info/html/info070719_2.html

 今回も第1回と同じ会場ですが、おかげさまで応募者数が増え、18名の
 定員がすぐに埋まってしまい、抽選で参加いただけない方もいたため、
 次回はもっと広い会場、あるいは「2回公演」なども検討しています。

 
 それにしても今回の「バックアップ」は奥深いテーマで、調べるのにも
 骨が折れましたが、その分、盛りだくさんのセミナー内容になりました。
 もちろん、また音声ブログでの公開も予定していますのでお楽しみに。

 あとはいかに楽しく、分かりやすく、という私の「パフォーマンス」が
 決め手になるので頑張ります。参加できない方も応援してくださいね。

                           (編集長・林)

  ※ 次回の発行は9月5日(水曜日)の予定です。お楽しみに。


 音楽音楽音楽音楽音楽音楽音楽音楽音楽音楽音楽音楽音楽音楽音楽音楽音
 
  ◆ 購読状況のチェックとバックナンバー(週刊クラブQ&A)
     https://www.clubqa.com/magazine/check/

   どうしても自分では解除できない場合、当メルマガをそのまま
   返信いただけば、解除依頼と判断して代行させていただきます。

  ◆ ご意見・ご希望は電子メールで!アドレスは faq@clubqa.com
    また「お問い合わせフォーム」もご利用いただけます。
    http://www.clubqa.com/faq/ask/


★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

 発行元:キューアンドエー株式会社  http://www.qac.jp/
 発行者:クラブQ&A編集長 林 俊二 faq@clubqa.com 
 関連ホームページ:

  ◆ パソコントラブル解決!クラブQ&A http://www.clubqa.com/
    ※訪問、電話、メールサポート&レッスン、ウイルス対策など

  ◇ デジタルクリニック東京本店  http://www.clubqa.com/shop/
  ◆ なにしろパソコン・ドットコム  http://www.724685.com/
  ◇ クラQ編集長の更新ブログ   http://www.724685.com/blog/
  ◆ 書籍「なにしろパソコン」   http://www.clubqa.com/book/
  ◇ ラジオ「パソコンクリニック」 http://www.clubqa.com/fm/

 ◎本文の著作権は発行元と発行者に属します。無断引用・転載は厳禁。
  (家族や友人への転送や、個人的に楽しむ範囲ではご自由にどうぞ)

 ◎記述に誤りがあったり、記述通りの作業をしても無効、あるいは損害
  等が生じた場合でも責任は負いかねます。どうか、ご了承ください。

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

amazon 楽天

紹介&バックナンバー

編集長のプロフィール

編集長

林 俊二 と申します。「なにしろパソコン・ドットコム」のサイト運営、メルマガ執筆、セミナー講師から出張サポートまでこなすパソコン生活応援アドバイザー
編集長のツイッター