エクセルで「オートフィル」「オートフィルハンドル」とは

エクセルで「オートフィル」とは、すでにセルに入力されている式や値を参考に、自動的に連続したセルの式や値も埋める機能です。日付や曜日、規則性のある値を連続入力するときに便利です。

たとえば、あるセルに「月」と入力して、そのセルを選択すると右下に小さな四角い「オートフィルハンドル」が現れます。

 

この「オートフィルハンドル」をドラッグすると「火」「水」「木」... と連続したセルに曜日が自動的に入力されます。日付でも一緒です。

    

「フィル(fill)」には「いっぱいにする」「満たす」といった意味があるので「自動的」を意味する「オート(auto)」と組み合わせて「オートフィル(auto-fill)」という用語になっています。

 

もちろん「オートフィルハンドル」を行方向にドラッグしても「オートフィル」はできます。

 

今度はセル「A1」に「1」の値を入力して「オートフィルハンドル」を下方向に「A10」までドラッグすると、「A2」から「A10」すべてに「1」が入力(コピー)されます。

 

このとき「オートフィル」が完了した状態でセル「A10」の右下には「オートフィルオプション」のアイコンが表示され、クリックすると以下の選択肢が表示されます。

・セルのコピー
・連続データ
・書式のみコピー
・書式なしコピー
・フラッシュフィル

 

ここで「連続データ」を選択するとセル「A1」から「A10」には「1」から順に「10」まで、連続した数字が自動的に入力されます。

「Ctrl」キーを押しながら「オートフィルハンドル」をドラッグする、という方法もあります。

 

ほかにも、たとえば「A1」に「1」、「A2」に「3」を入力して、「A1」と「A2」を同時に選択したとします。

 

ここで「オートフィルハンドル」をドラッグすると「A3」には「5」、「A4」には「7」と奇数が連続で自動入力されていきます。

 

計算式の入力されたセルを「オートフィル」することもできます。

 

同じ代入式による計算の繰り返しが「オートフィル」で簡単にできるのはエクセルならではの機能です。

 

このように規則性のあるデータを自動入力したいとき「オートフィル」は便利です。いろいろと試してみましょう。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

過去の用語解説 (373 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細 順位

ブログパーツ

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...