インターネットFAX(ファックス)」とは、「インターネット(Internet)回線」を活用して「FAX(ファックス/ファクシミリ)」を送受信できるシステムやサービスの総称です。

  
これまでの一般的な「ファックス」は、送信したい紙の原稿を「FAX機」と呼ばれる専門の機械を使って「画像データ」として読み取り(スキャンして)、そのデータを「音声データ」に変換し、電話の一般回線を通じて相手側の「FAX機」に送ることで、再び「画像データ」に復元し、用紙に印刷するといった仕組みでした。

この「電話の一般回線」をすべて「インターネット回線」にすることで「画像データ」のままで「ファックス」の送受信ができるようにしたり、一部分だけ「インターネット回線」にすることで「画像データ」を電子メールの添付ファイルで受け取ったり、「FAX機」で読み取ることなしに文書ファイルの状態で送信したりできるようになります。

  
一概に「インターネットFAX」と呼ばれていても、システムやサービスによる違いが大きく、料金体系や機能、期待できるメリットも様々なので、単純に料金だけで選ぶのではなく、自分の用途、目的に一番適したものを選択、採用することが大切です。

より詳しい説明は「メッセージプラス」公式サイトを参考にしてください。

メッセージプラス(messeage+)以外にもインターネットFAXサービスはあります。

そこでいくつか紹介した記事を公開したので参考にしてください。
  
インターネットでファックス(FAX)パソコントラブルQ&A
 
企業が利用する大量のファックス送受信にも対応できるサービスとして
 
BizFAX(NTT Com)
FAXCAST インターネットFAXサービス
 
個人や小さなお店や事務所、個人事業主にも便利なサービスとして
 
フインターネットFAX ファクシモ(faximo)
メッセージプラス(message+)
 
さらにファックスを受信するだけなら初期費用だけで使える
 
D-FAX
 
などがあることを紹介しました。

料金や機能など、それぞれの特徴を各サイトでよく見比べ、自分の用途を考えながら検討することをお勧めします。料金だけでは決められないところです。

これらのサービスの中で、私が「メッセージプラス(messeage+)」を実際に採用し、お勧めしているのはインターネットFAXだけでなく、留守番電話機能があるためです。

外出が多い営業マンや個人事業主にはインターネットFAXと併せて便利です。

関連ページ: インターネットFAX関連情報

インターネット上で「インターネットFAX」に関する情報を集めてみました。
有料サービスを契約する時の参考にしてみてください。

インターネットFAXとは 【Internet FAX】(IT用語辞典)

◆ 意外と知らない? 仕事で使える「インターネットFAX」
  サービスの基本 (日経トレンディネット)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20090212/1023629/

◆ インターネットFAX サービス&価格比較Wiki
http://www31.atwiki.jp/internetfax/

紹介されるサービスはほぼ決まっています。あとは利用目的に合った
サービスを選ぶだけです。以下の記事もお読みください。

インターネットFAXサービスの比較

インターネットFAXだけでなく、留守番電話機能など「総合力」では
やはり「メッセージプラス(messeage+)」がお得です。

首都圏では計画停電も実施され、節電の重要性が高まっています。

オフィスでも照明や冷暖房を落とすなど様々な消費電力の見直しが
おこなわれ、オフィス機器の節電対策も必要不可欠になっています。

特に「オフィスIT機器」の消費電力の見直しは、節電効果だけでなく、
企業としてもコスト削減の観点から積極的に取り組みたいところです。

 
参考資料として「住環境計画研究所」が2000年に発表した

◆ オフィスビルにおけるOA機器のエネルギー消費実態調査
(3.2.2 機器別エネルギー消費、4.2.2 OA機器類の電力消費量)

によれば、電算機、プリンタ、複写機、FAX機、その他を対象とした
事務所ビルにおける1台あたりの年間消費電力は

複写機が 954kWh と最も大きく、次に多いのが FAX機で 512kWh

と報告されています。

 
ここで固定のFAX機が不要なインターネットFAXを利用すれば、
待機電力もかからず、送受信もPCや携帯の電力でできるため
大きな節電対策になります。

さらにFAX機の消費電力の約45%は夜間の待機電力のため、
FAX機での待機が不要なインターネットFAXの効果は絶大です。

◆  第16回省エネルギー基準部会の開催結果について
  (経済産業省調べ)

 
節電の必要性が高まっているいまこそ、インターネットFAX を
試してはいかがでしょうか。

まずはメッセージプラスの無料体験をお試しください。

より詳しい説明は「メッセージプラス」公式サイトを参考にしてください。