別窓 - 使い方履歴/GTメモリー定数計算%計算税計算端数処理キー操作更新リンク集電卓

履歴とGT機能 - なにしろ電卓

%
 使い方  

履歴機能について

  • 「計算ボックス」で計算された計算式と結果が 「履歴ボックス」
    の一番上に追加表示され、計算の都度、追加されていきます。
  • 『▼』『▲』ボタンで「履歴ボックス」に記録されている過去の
    計算式を「計算ボックス」に戻して再利用、再計算できます。
    「↓」「↑」キーでも同じ操作ができます。
  • 『⇔』ボタンで選択行の「式」と「値」を切り替えて利用可能。
  • 計算中の式の末尾に四則演算記号( + - * / )やカッコ「 ( 」
    を挿入して履歴を選択すると、式に末尾に挿入できます。
  • 挿入した値や式は見て分かるように「" "」で囲んで表示を
    していますが計算を続けると自動で消えます。「BS」キーや
    「Delete」キーでも消すことができます。
  • 『リンク』ボタンで履歴内の数値にリンクを付けて、クリックで
    「計算ボックス」に挿入できます。リンクの『解除』もできます。
  • 「履歴ボックス」の計算式や値は直接コピーや編集できます。
    直前の計算値は「a」に保存され、計算に代入して使えます。
  • 生成したURLや電子メールで計算履歴の保存ができます。
  • 『全削』ボタンで「履歴ボックス」のデータを全部クリア。
  • 『行削』ボタンで 「履歴ボックス」の最上行だけ削除。
  • 『全選』ボタンで 「履歴ボックス」の全行を選択します。
  • 『履歴加工』ボタンで履歴結果を以下の編集ができます。
     「装飾なし」:カンマや「=」の前後の空白を削除できます。
     「装飾あり」:カンマや「=」の前後の空白を挿入できます。
     「Excel用」:「=数値」という形式で、Excel に貼り付け可能
     「右だけ」:式だけ、計算値だけに表示。「=」を消せます。
     「元に戻す」:加工後に、加工前の履歴に戻せます。

GT(グランドトータル)機能について

  • 『GT』ボタンで「履歴ボックス」に表示されている計算式の
    計算結果を合算し、結果を「計算ボックス」にも表示します。
  • 間違って押した場合を考慮して、『GT』ボタンを押した直後、
    再度、『GT』ボタンを押すと元の状態に戻ります。
  • 「G」キーでも『GT』ボタンの操作が可能です
なにしろ電卓 Ver.5.5 2022.06.05 (公開 2006.04.12) 制作: なにしろパソコン