「Acrobat Reader DC」とは

Acrobat Reader DC」とは、「PDF(ピーディーエフ)」という形式で保存された文書ファイルをパソコンやスマホで開いて表示ができる代表的なアプリ「Acrobat Reader」の最新バージョンです。

 

まず「PDF(Portable Document Format)」とは「アドビシステムズ(Adobe Systems)」というソフト会社が開発した文書ファイル形式の名前です。

そして「PDF」形式のファイルを誰でも開いて読めるようにアドビ社が開発して、無償で配布しているアプリ名が「Acrobat Reader(アクロバット リーダー)」です。

 

ちなみに「Acrobat(アクロバット)」は「PDF」の作成、編集、注釈、署名などができるアドビ社の有料アプリの名称であり、その「Acrobat」から主に「PDF」を開いて表示する機能に絞り込んだアプリが「Acrobet Reader」なのです。

そんな「Acrobat Reader」の最新バージョンが「Acrobat Reader DC(アクロバットリーダー ディーシー)」であり、表示だけでなく注釈の追加や編集などの機能もあります。

 

最後の「DC」は「Document Cloud(ドキュメント クラウド)」の略で、アドビ社がネット上に用意した「PDF」形式の文書(ドキュメント)ファイルの作成や保存、共有などができる環境の名前です。

 

「Document Cloud」はもちろん「OneDrive」や「Dropbox」といったクラウドストレージのアカウントに接続して利用することもできます。

 

そしてスマホ用の「Acrobat Reader」アプリともファイルを共有して、閲覧や注釈の追加や編集ができます。

 

「Acrobat Reader DC」は、従来の「Acrobat Reader」よりネット上の環境で使いやすく、より便利に「PDF」を活用できるように進化したバージョンということです。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (429 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細 順位

ブログパーツ

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...