エクセル(Excel)の「INDIRECT(インダイレクト)関数」とは

INDIRECT関数」とは、参照したいセルを文字列で指定することで、指定したセルの値を表示させる(セルの参照を返す)関数です。

「INDIRECT(インダイレクト)」には「間接的な」という意味があるので、参照したいセルをそのまま指定するのではなく、文字列で指定することで「間接的にセルを参照する関数」の名前にしたのでしょう。

 

関数の書式は

INDIRECT(参照文字列, [参照形式])

となり「参照文字列」で参照するセルを文字列として指定します。

 

「参照形式」は参照セルの指定が一般的な A1形式なら省略できます。

セルを指定するには「A1」「B3」という「A1形式」以外に「R1C1」「R2C3」という「R1C1形式」がありますが、あまり使われていないからです。

 

たとえばセル「A1」に「100」が入力されている場合、セル「B1」に「=A1」と入力すると「100」が表示されます。

 

同様にセル「A2」に文字列「A1」を入力して、セル「B2」に「=INDIRECT(A2)」と入力しても「100」となります。

 

この場合 =INDIRECT(A2) は =INDIRECT("A1") と入力したのと同じことになり、どちらも結果としてセル「A1」の値の「100」が参照されます。

 

複数の文字列を「&」で連結してひとつの文字列にできるので「1月」という名前のシート上にあるセル「F20」の値を参照したいときは、別シートの「A1」に「1月」と入力し、同じシートの別のセルに

=INDIRECT(A1&"!F20")

と入力すれば

='1月'!F20

と同じ結果となり「INDIRECT関数」で別ページのセル参照することができます。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (403 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細 順位

ブログパーツ

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...