「dマガジン(ディーマガジン)」とは

dマガジン」とは、雑誌紙面を画像データとして配信するサービスで、160誌以上の雑誌が月額 400円(税抜)で「読み放題」となり、スマホ、タブレット、パソコンで利用できます(2016年12月現在)。

NTTドコモの運営ですが、ドコモ回線契約がなくても「dアカウント」を取得し、クレジットカードで支払いできれば誰でも利用できます。

 

最新号だけでなく一定期間はバックナンバーが読める雑誌もあります。

定期的に購読している雑誌が一冊でもラインアップされていて、紙で保存しなくても電子デバイスで最新記事が読めればいいなら、料金的にも十分に利用の検討価値があるサービスといえるでしょう。

 

「dマガジン」はスマホ、タブレットはもちろん、パソコンの大画面でも雑誌を読めるのが魅力です。

 

画像データなので、雑誌の紙面レイアウトをそのまま楽しめますが、一方で文字サイズだけを大きくできないためスマートフォンでは少し読みづらく、本文のキーワード検索やコピーもできません。

また、選んだ雑誌を読むときには画像データをダウンロードするため、外出先では時間も通信容量も必要となりますが、事前にダウンロードしておけば雑誌を持ち歩かなくても、いつでも読むことができます。

 

2016年12月に「dマガジン」アプリで「お気に入り」に登録した雑誌の最新号が配信されると自動でダウンロードできる機能が追加され、しかも「Wi-Fi接続時のみ」設定も可能となったのは大きな改良です。

さらにアプリでは「目次」のキーワード検索も可能となりましたが、これらはパソコンでも利用できるようにして欲しい機能です。

 

同様のサービスに「楽天マガジン」があり、月額料金は「dマガジン」より安い月額 380円(税抜)で、雑誌数も 200誌以上となっています。

両サービスで共通して読める雑誌も多いので、自分が「読みたい雑誌」がどれだけラインアップされているか較べてみるのもいいでしょう。

 

ずれにしても「dマガジン」でも「楽天マガジン」 でも「31日間無料お試し」があるので、検討するなら実際に試してみるのが一番です。

 

ただし現在(2016年12月)「楽天マガジン」はパソコン利用できないので、パソコンでも読みたいなら「dマガジン」となります。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (403 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細 順位

ブログパーツ

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...