「Ctrl(コントロール)」キーの使い方とショートカットキーとは

「Ctrl(コントロール)」キーとは、Windows 用のキーボードにある特殊キーのひとつです。「Ctrl」キーを押したまま同時に別の特定のキーを押すと、その組み合わせで様々な操作ができます。

「Ctrl」は「Control(コントロール)」を略した文字で「制御する」の意味があり、アルファベットキーや数字キーとの組み合わせにより Windows を効率的に操作(制御)することができます。

このキーの組み合わせを「ショートカットキー」と呼びます。

 

一般的に「Ctrl」キーの場所はキーボードの左下、「Shift」キーの下にあります。

右下の「Shift」キーの下にも「Ctrrl」キーがあるキーボードが多いですが、ノートパソコンでは省略されている場合もあります。

 

最も有名と思われる「Ctrl」キーの使い方は

「Ctrl」キーを押しながらアルファベットの「C」キーを押すことで「コピー」操作ができる

という「コピーのショートカットキー」でしょう。

  • Ctrl + C → コピー(Copy)

 

ほかにも「Ctrl」キーを使った代表的なショートカットキーには

  • Ctrl + S → 上書き保存(Save)
  • Ctrl + O → ファイルやウインドウを開く(Open)
  • Ctrl + N → ファイルやウインドウの新規(New)作成
  • Ctrl + A → すべて(All)を選択
  • Ctrl + F → 検索(Find)
  • Ctrl + P → 印刷(Print)

などがあります。

 

各操作を意味する英単語の頭文字のキーが使われていることも多いので覚えるときの参考になります。

 

なお、メニューバーで表示されるプルダウンメニューには、各操作名の右に「Ctrl+*」と表示されていることがあるので確認してみましょう。

ショートカットキーを忘れたときに助かります。

 

関連用語

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

過去の用語解説 (369 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細 順位

ブログパーツ

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...