エクセル(Excel)でセルの「絶対参照」「相対参照」とは

表計算ソフトのエクセルで、あるセルに入力した計算式を別のセルにコピーするとき、コピーした位置に応じて計算式内で参照しているセルの番地も変化するのが「相対参照」、変わらないのが「絶対参照」です。

たとえば「C1」に「=A1*B1」という計算式を入力して

 

この「C1」のセルをコピーして「C2」に張り付けると

 

「C2」の計算式は「=A2*B2」と変化します。

この「A2」「B2」が「相対参照」表記です。

 

 

このとき「C1」の計算式を「=A1*$B$1」と編集すると

 

「C2」にコピペしても計算式は「=A2*$B$1」となり

 

「$B$1」の値は変わらないことになります。

この「$B$1」が「絶対参照」の表記なのです。

 

 

別の書き方をすると、再度、「C1」に「=A1*B1」という計算式が入力されているとすると

  • 「A1」は「C1」の左に2つの場所にあるセルの値を参照する
  • 「B1」は「C1」の左に1つの場所にあるセルの値を参照する

という相対的なセルの位置関係を示しているのです。

 

そのため、「C1」の計算式を「C2」にコピペすると「C2」の計算式は「=A2*B2」となり

  • 「A2」は「C2」の左に2つの場所にあるセルの値を参照する
  • 「B2」は「C2」の左に1つの場所にあるセルの値を参照する

というように「左に2つの場所」「左に1つの場所」という相対的なセルの位置関係がコピーされており、これが「相対参照」なのです。

 

 

今度は「C1」に「=A1*$B$1」という計算式が入力されているとすると

  • 「A1」は「C1」の左に2つの場所にあるセルの値を参照する
  • 「$B$1」は常に「B1」の場所にあるセルの値を参照する

ということを示しています。

 

そのため、今度も「C1」の計算式を「C2」にコピペすると「C2」の計算式は「=A2*$B$1」となり

  • 「A2」は「C2」の左に2つの場所にあるセルの値を参照する
  • 「$B$1」は常に「B1」の場所にあるセルの値を参照する

というように、「$」マークを行番号と列番号に付けることで、いつも同じセルの値を参照する、つまり「絶対参照」となるわけです。

 

また、「$B1」「B$1」のように行番号、列番号のどちらか一方だけ「$」をつけて固定する参照方法を「複合参照」と呼びますが、まずは「絶対参照」「相対参照」が理解できれば十分でしょう。

 

絶対参照の「$」マークを挿入するときに便利なファンクションキー「F4」の紹介もしているので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

過去の用語解説 (373 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細 順位

ブログパーツ

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...