エクセル(Excel)の「DATEDIF(デイトディフ)関数」とは

DATEDIF関数」とは、2つの日付の間の日数、月数、または年数を計算するエクセルでも利用できる関数です。

「DATEDIF(デイトディフ)」という関数名は、「日付」の「DATE」と「差分」の「DIFFERENCE」を組み合わせたものであろうと思われます。

書式は

DATEDIF(開始日,終了日,単位)

となり、「単位」には計算結果として表示される情報の種類を指定できます。

単位 結果として表示される情報の種類
--------------------
 "Y" 期間内に含まれる満年数
 "M" 期間内に含まれる満月数
 "D" 期間内の日数
"MD" 開始日と終了日の日数差(日付の月と年は無視)
"YM" 開始日と終了日の月数差(日付の日と年は無視)
"YD" 開始日と終了日の日数差(日付の年は無視)

 

満年齢や、生後何年何ヶ月といった計算にも使えます。

たとえば、2012年7月1日に生まれた赤ん坊は、2014年2月12日現在、

=DATEDIF("2012/7/1","2014/2/12","Y")&"年"&DATEDIF("2012/7/1","2014/2/12","YM")&"ヶ月"

という計算値から 「1年7ヶ月」 と分かります。

 

この「DATEDIF関数」ですが、エクセルの「関数の挿入」の一覧にはありません。

このため、この関数を使うときは「=DATEDIF」とキーボードで入力する必要があります。

 

「DATEDIF関数」自体は確かにマイクロソフトの公式サイトでも紹介されています。

DATEDIF 関数 - Windows SharePoint Services - Office.com

このページによると

この関数は、Lotus 1-2-3 との互換性を提供するために用意されています。

とあり、表計算ソフトとして、かつてエクセルの強力な競合ソフトだった Lotus 1-2-3 の関数をエクセルでも使えるようにしただけで「関数の挿入」には含めていない、というスタンスのようです。

◆ 表計算ソフトは「エクセル」しかないのですか?

 

それでもエクセルに「DATEDIF関数」に代わる便利な関数はないので「隠しコマンド」のような扱いではなく、きちんとサポートして他の関数と同じように「関数の挿入」に追加して欲しいです。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

過去の用語解説 (369 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細 順位

ブログパーツ

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...