「プラチナバンド」とはつながりやすい電波の周波数帯域

「バンド(band)」というのは電波の周波数帯域のことで、そこに高価な貴金属の「プラチナ」という言葉を先頭に付けることで「価値の高い帯域」という意味で「プラチナバンド」になります。

※ 「プラチナバンド」は「よくわからないIT用語ランキング」第3位

携帯電話会社のソフトバンクモバイルがテレビで「プラチナバンド」という言葉を繰り返すCMを連日放送しているため、耳にしたことがある人も多いでしょう。以下のように特設サイトも公開されています。

プラチナバンド 特設サイト | ソフトバンクモバイル

 

要するに「バンド(band)」というのは電波の周波数帯域のことで、そこに高価な貴金属の「プラチナ」という言葉を先頭に付けることで

「価値の高い帯域」という意味で「プラチナバンド」

ということになります。

 

そもそも携帯電話は電波でつながるわけですが、複数の携帯電話会社で電波が混線しないように、使用できる電波の周波数帯(バンド)は携帯電話会社ごとに違ったものが割り当てられています。

 

携帯電話に使える周波数帯は限られているので免許制になっており、割り当てられる周波数帯は 800MHz(メガヘルツ)帯や 2.1GHz(ギガヘルツ)帯など、認可されたタイミングにもよって違います。

 

ソフトバンクモバイルは携帯電話会社としては後発のため、先行各社が持っている 800MHz帯 は利用できず、比較するとつながりにくいとされる 2.1GHz を割り当てられたという経緯があります。

 

通信に使う場合、

周波数が低いほうが電波が遠くまで届き、障害物も回りこむ性質が強くなるためつながりやすい

とされています。

 

◆ プラチナバンドの特長 | ソフトバンクモバイル

そんな携帯電話で使用する周波数としては、比較して低い 700?900MHz帯 が「プラチナバンド」と呼ばれているわけです。

 

そしてソフトバンクモバイルは 2012年3月に 900MHz帯の割り当てを認定され、これによって「プラチナバンドで携帯電話がつながりやすくなります!」という大宣伝をしているわけです。

プラチナバンド (ソフトバンクモバイル) - Wikipedia

 

もちろん、割り当てられただけでは使えないわけで、その周波数帯に対応した通信設備を全国に設置し、携帯電話も対応機種に切り替える必要があります。

そのため、先行各社並みにプラチナバンドが全国対応になるには数年単位の時間がかかることが予想されます。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (403 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細 順位

ブログパーツ

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...