噂のタブレット(tablet)端末「iPad(アイパッド)」

アップル社から噂のタブレット端末「iPad(アイパッド)」が発表されました。「タブレット(tablet)」とは「書き板」「メモ帳」といった意味で、「タブレット端末」で手書き入力や操作ができる板状の端末を指す場合が多いです。

※ 「タブレット」は「よくわからないIT用語ランキング」第6位

「iPad(アイパッド)」は日本でも3月末には発売が予定されています。

この「iPad」は大型の「iPod Touch」という印象ですが、画面が大きいということはそれだけ情報量が増え、操作性が向上して用途も広がるため、特にウェブ閲覧がより快適になるのは確かです。

iPhone や iPod Touch でもできますが、持ち運ぶには良くても文字が小さく、何度もスクロールをしないと全体が見えないため、お世辞にも読むのに「快適」とは言い難いものがあります。

 

画面上のソフトキーボードも、いつも使っているキーボードと同等のサイズになるため、入力作業も大幅に楽になるはずです。これは実物で試すまでは分かりませんが、iPhone よりは入力しやすいでしょう。

さらに米国では現在、電子ブックリーダーの「Kindle(キンドル)」が売れていますが、「iPad」はその強力なライバルになると予想されています。

Amazon Kindle:Wireless Reading Device(英文サイト)

アップル iPad vs アマゾン Kindle 比較リスト

 

Kindle はバッテリーの持ち時間の長さや、機器自体のや軽さ、薄さ、さらには

電子ブックをダウンロードするときの通信料が無料

といった「電子ブック」を持ち運んで読む機器としては圧倒的に優れています。

 

しかし、カラー液晶やブラウザやメールと連動できるといったことを考えると、電子ブックリーダーという市場にも大きなインパクを与え、相乗効果で需要はさらに広がっていくことでしょう。

残念ながら「電子ブック」では現在、英語の書籍しか扱えないので、日本でのインパクトは限られますが、これを契機に日本でも書籍類の電子化が進む可能性がないとはいえず、期待したいところです。

これ以上は実物を見ないとなんとも言えませんが、少なくともまたひとつ、魅力的な商品が市場に登場することは間違いありません。このような製品が日本企業や市場から生まれないのが残念です。

すでに持っている iTunes に保存されている音楽や映像、アプリなどを活用でき、人気の「フォトフレーム」機能も兼ね、ウェブやメール、ツイッターなどもすぐに楽しめる... 需要は小さくないでしょう。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (403 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細 順位

ブログパーツ

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...