「コンテンツ(contents)」とは「中身」のこと

ウェブサイトや著作物の話題や評価などで、専門家(あるいは知ったかぶりの人)が良く使う言葉に「コンテンツ(contests)」があります。

※ 「コンテンツ」は「よくわからないIT用語ランキング」第10位

たとえば

「ブロードバンドによって確かにインターネットの速度は速く、送受信できるデータの容量は大きくなったけど、それを生かせるだけの『コンテンツ』がまだまだ不足しているのが現状だね。」

といった感じで使われます。こういう会話、耳にしたことがあるかもしれません。

もともと「コンテンツ(contents)」は「内容」とか「中身」といった意味です。テレビ番組で、ゲストの「カバンの中身を拝見!」といったコーナーがありますが、英語なら

Show the contents of your bag!

といった表現になります。

 

実際のところ、会話に出てくる「コンテンツ」を「内容」とか「中身」という言葉に入れ替えても違和感はありません。

 

それでも最近では文章だけでなく、音声や画像、さらには技術的なカラクリも合わせ、

「デジタル」情報でできた「中身」

を表現するときに「(デジタル)コンテンツ」と表現すると、それらしく聞こえるから不思議です。

 

もちろん普通の会話では「コンテンツ」なんて言葉は使わずに

「あのホームページは内容に乏しいね」

といった表現で十分でしょう。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (403 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細 順位

ブログパーツ

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...