Windows 10 の「付箋(Sticky Notes)」を簡単に表示&起動

質問Windows 10 の「付箋」を簡単に起動させる方法はありますか?

回答ショートカットキーもあるので覚えておくと便利です。

Windows 10 の大型アップデート「Windows 10 Anniversary Update」の提供が 2016年8月2日から開始されたことは紹介しました。

 

この「Windows 10 Anniversary Update」で追加された「Windows Ink」というペン&手書き入力機能を活かすアプリが「付箋(Sticky Notes)」です。

 

そして、この「付箋」など関連アプリを起動するために用意された操作画面が「Windows Ink ワークスペース」となります。

 

「Windows Ink ワークスペース」の表示は「通知領域」で専用ボタンをクリックやタップすることでできます。

 

ボタンが非表示のときはタスクバーを右クリックして、現れたメニューから

Windows Ink ワークスペース ボタンを表示

を選択することでボタンが「通知領域」に追加されます。

これで「付箋」は「Windows Ink ワークスペース ボタン」を選択して、さらに「付箋」タイルを選択する2ステップで起動できます。

 

この「Windows Ink ワークスペース」を表示するショートカットキーとして新たに

「Windows キー」+「W」

が用意されました。「W」は 「ワークスペース(Workspace)」の頭文字で覚えます。

 

そして「Windows Ink ワークスペース」が表示された直後に「Enter」キーを押すと最上部のタイル「付箋」が選択され、起動するので、

「Windows キー」+「W」を押し、続けて「Enter」キーを押す

という連続キー操作で簡単に「付箋」アプリを起動できます。

 
◆◇◆

起動した「付箋」は、なぜか「Sticky Notes」と英語名になっています(今後、統一されるとは思います)。

 

「付箋」をすばやく起動するには、タスクバー上の「Sticky Notes」を右クリックして「タスクバーにピン留め」してもいいでしょう。

 

ちなみに「スタートメニュー」を開いて表示された「すべてのアプリ」から探す場合も「付箋」ではなく英語名の「Sticky Notes」を探します。

Windows 内検索なら「st」まで入力すれば候補トップに表示されます。

 

つまり「Windows キー」→「st」→「enter」でも起動できるわけです。

 

あとは自分が最も使いやすい(覚えやすい)方法を選べばいいのですが、「Windows Ink ワークスペース」の表示に 「Windows キー」+「W」 というショートカットキーが追加されたのは知っておいて損はないです。

 

理解を深めるための「パソコン用語解説

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

パソコントラブルQ&A
過去の「Q&A」
(770 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細

ブログパーツ

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...