エクセル(Excel)で郵便番号にハイフンを自動挿入したい

質問エクセルで郵便番号に自動でハイフン(-)を挿入できますか?

回答「セルの書式設定」の「表示形式」に「郵便番号」があります。

先週はエクセルで時間を累計で表示する方法を紹介しました。

これを「セルの書式設定」で実現したわけですが、同様に「セルの書式設定」で、郵便番号として 7桁の数字を入力したとき、先頭 3桁の後ろにハイフン(-)を自動で挿入する設定を紹介しましょう。

 

たとえば東京都渋谷区渋谷の郵便番号は 150-0002 ですが、ハイフンを入力しないで 1500002 と打ち込んでも、入力したセルでの表示は自動で  150-0002 となるようにしたい、ということです。

「A1」セルがハイフンを自動挿入する「書式設定」になっているのです。

 

手順は、郵便番号を入力するセルの「セルの書式設定」を変更します。

  1. 郵便番号を入力するセルを右クリック
  2. 現れたメニューから「セルの書式設定」を選択
  3. 「セルの書式設定」画面で「表示形式」タブか確認
  4. 「分類」で「その他」、「種類」で「郵便番号」を選択
  5. 「OK」ボタンをクリックして完了

先週も紹介したように「セルの書式設定」を変更する前に、選択したセルに郵便番号の数字を入力しておけば、「種類」で「郵便番号」を選択すると「サンプル」に反映されます。

 
◆◇◆

ここからはオマケですが、先ほどの手順4で『「分類」で「その他」、「種類」で「郵便番号」を選択』した状態で「分類」で「ユーザー定義」を選択してみます。

 

すると「種類」には

[<=999]000;[<=9999]000-00;000-0000

と表示されるはずです。

つまり、これがエクセルで「その他」のリストに用意されている「郵便番号」の定義です。

 

これは郵便番号が頭の 3桁や 5桁しか分からないときも考慮しているようですが、入力を 7桁に限るなら「ユーザー定義」で「種類」を

000-0000

にすれば

1500002 の入力で 150-0002 と表示されます。

7桁の入力だけなら、この設定のほうが分かりやすくていいでしょう。

 

理解を深めるための「パソコン用語解説

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

パソコントラブルQ&A
過去の「Q&A」
(770 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細

ブログパーツ

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...