エクセル(Excel)で毎日の時間を累計で計算したい

質問エクセルで時間を累計しても 24時間を超えられないのですが?

回答集計の「セルの書式設定」で時間の h を [h] にしてみましょう。

たとえばエクセルで月の残業時間を集計したいときは、毎日の残業時間を記録する列を作成して、そこに「1時間30分」の残業なら「1:30」と入力して、集計のセルで「SUM」関数を使って合計を計算できます。

 

具体的には「D」列に残業時間を入力するとして「D3」から「D7」までの集計を「D8」に表示させるなら、入力する計算式は

=SUM(D3:D7)

となり、合計が24時間以内なら正しく累計結果が表示されます。

 

ところが合計時間の累計が「24時間」を超えると、たとえば「27時間」の場合、集計のセルには「3:00」と表示されてしまいます。

実際にはこんな多残業はないと思いますけど。

 

これを「27:00」と表示したいときは「セルの書式設定」を変更します。

  1. 集計のセルを右クリック
  2. 現れたメニューから「セルの書式設定」を選択

     
  3. 「セルの書式設定」画面で「表示形式」タブか確認

     
  4. 「分類」が「ユーザー定義」で、「種類」が「h:mm」か確認

     
  5. 「種類」の入力ボックスで h:mm を [h]:mm に変更

     
  6. 「OK」ボタンをクリックして完了

 

これで「3:00」が「27:00」に切り替わります。

数人分の累計を計算するときも同じで、集計のセルで「表示形式」を   [h]:mm にすることで解決するはずです。試してみてください。

 
◆◇◆

「セルの書式設定」画面で「ユーザー定義」を変更すると、「種類」の上に表示されている「サンプル」も変更と同時に変化します。

今回も h:mm を [h]:mm に変更すると「サンプル」の表示が 3:00  から 27:00 に変わるので「OK」ボタンを押す前に確認できるので、自分の希望する表示になるか、いろいろ試すことができます。

 

変更してもうまくいかない、あるいは元のほうがよかったときは「OK」 ではなく「キャンセル」ボタンを押します。

これで変更は実行されないので大丈夫です。

 

理解を深めるための「パソコン用語解説

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

年別Q&A (802 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細

ブログパーツ

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...