「パクツイ」とはどういう意味?やってはいけないこと?

質問ときどき「パクツイ」はやめてください、というフレーズを見かけますが、これはどういう意味ですか?

回答「パクツイ」とは、ほかの人のツイートをそのままコピー、あるいは意図的にアレンジして、さも自分が書いたように再度、ツイートするコンテンツ盗用(=「パクリ ツイート」)ことです。

ツイッター本の中(FAQ193)でも触れたように

他人のオリジナルツイートを『盗用』してはいけません。

なぜ、いけないのかは説明の必要もないでしょう。

 

もし「面白い」「感動した」「なるほど」と感じたツイートを自分のフォロワーにも紹介したいのであれば

そのまま「リツイート」すればいい

のですから。

とにかく、文章だけをコピーして再投稿するのはトラブルの元です。

 

特に「パクツイ」のほうがオリジナルよりも評判になって「お気に入り」や「リツイート」が多く集まったりすれば、元投稿したユーザーの気持ちは容易に理解できるのではないでしょうか?

 

それにしても「パクツイ」という言葉も「お別れはブロックで」と同様、ツイッター本を書く取材をするまで知らなくて、自分のタイムラインで見かけたことはありませんでした。

ツイッターの普及とともに様々なユーザーが利用を始め、思いもよらない使い方をするようになるということです。

 

実際に「パクツイ」をやっている人の中には、これは『引用』だと言い張っている人もいるようですが、

引用とは出所を明らかにすることが必須条件

であり、引用元も表示せず、元投稿者のユーザー名などは削除して、さも自分が書いたようにコピーしたものをツイートしたのでは『盗用』だと責められても仕方がありません。

 

さらには「元ツイートを『お気に入り』にしているので構わないでしょう?」といった自分ルールも見かけたことがありますが、

問題のツイートからは元ツイートを「お気に入り」登録していることなど分からない

わけですから、何の言い訳にもなりません。

 

ツイッターの公式ヘルプセンターでは「コンテンツ盗用に関するポリシー」として、以下のように書かれています。

Twitterはユーザー間の私的な口論を仲裁しません。ご自分のツイートが出所を明らかにすることなく他のユーザーに投稿され、以下の状況に当てはまらない場合には、そのユーザーに@返信やダイレクトメッセージで直接連絡してください。

Twitterヘルプセンター | コンテンツ盗用に関するポリシー

 

確かに、どちらがオリジナルかはツイッターがいちいち調べて判定できるものでもないので「個別の件は当事者同士で解決してください」というスタンスのようです。

ただし、ボットを使って自動で連続盗用するような場合、スパムと判定されてアカウント凍結もあります。

 

もちろん

ツイッターでは「コンテンツ盗用」が起きやすく、問題であると十分に認識している

ため、このようなポリシーを掲載しているわけです。

 

どちらにしても

ツイートには投稿した日時が記録されている

ため、検索して同じ文章のツイートが2つ見つかれば、どちらがオリジナルで、どちらが「パクツイ」なのかは簡単に分かってしまいます。

 

であれば、自分が「面白い」「ためになった」「感動した」ありがたいツイートであれば、盗用などしないで素直に「リツイート」しましょう。

 

「リツイート」については、こちらも参考にしてください。

「リツイート(公式RT)」と「RT」「QT」に関する一考察

このあたりは結構、面倒なところです。

 

◎追記(2013/6/5)

アクセスが急に増えたので調べたところ、Yahoo!ニュースが「パクツイ」に関する情報として、この記事をリンクしてくれたようです。

Twitter - Yahoo!ニュース

 

それにしても、実際に「パクツイ」常習者とのインタビューは驚きの内容です。

なぜ彼らはパクるのか? パクツイ常習犯が語るTwitterの闇 - Yahoo!マーケット連載特集

やはり「パクツイ」はやめたほうがいいです。

 

スポンサーリンク

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 順位

なにごとも経験!ブログ

ブログパーツ

「ツイッター本の裏技&裏話」では裏技的な設定やサービス利用なども紹介していますが、確実な動作をお約束するものではありません。 ご利用の端末やネット接続の環境によっては効果がなかったり、不具合を誘発する場合もあります。そのため、ツイッターのデータは Twilog に保存するなど大切にしましょう。

本サイトを参考にした端末の設定、ツイッター利用、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そして裏技の実施は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。