ツイッターに非公式RTボタンを追加する Chrome拡張機能

質問「ツイッター本」で紹介されている Chrome拡張機能「PBTweet+」が動作しません。

回答ツイッター公式サイトの画面が変更され、「PBTweet+」は現在、使えない状況です。

Google Chrome 拡張機能は便利ですが、たとえばツイッター公式サイトのような人気サイトに非公式で機能を追加するような拡張機能は、人気サイト側が更新されると使えなくなることがあります。

 

今回、ツイッターの公式サイトではツイート入力ボックスや返信操作に変更を加えました。

ツイッター公式サイトで「返信」で開く入力ボックスが変わった

 

この変更の結果、「ツイッター本」の中で紹介した Chrome拡張機能「PBTweet+」が使えない状態になっています(2012/9/17)。

7 達人Tips
 【Google Chromeを使う】
  173 Twitter 公式サイトを使いやすくしたい

 

今後、対応することを願っていますが、最近「PRTweet+」は更新が滞っており、いつになるか予想がつきません。


Chrome ウェブストア - PBTweet+

 

そこで取り急ぎ、最も要望の多い

ツイッター公式サイトで非公式RT(コメント付きRT)が使える

拡張機能「Classic Retweet」を紹介しておきます。


Chrome ウェブストア - Classic Retweet

 

インストールすると、ツイート上にカーソルを合わせると「Classic RT」ボタンが表示されます。

           ▼

「Classic RT」ボタンをクリックすると、コメント付きRTの書式でコメントが追加できる形で入力ボックスがポップアップします。

 

ほかにも同様な機能を持った拡張機能もありますが、取り急ぎ、単機能の「Classic Retweet」を紹介しました。

それにしても高機能な「PBTweet+」が更新されることを願っています。

 

スポンサーリンク

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 順位

なにごとも経験!ブログ

ブログパーツ

「ツイッター本の裏技&裏話」では裏技的な設定やサービス利用なども紹介していますが、確実な動作をお約束するものではありません。 ご利用の端末やネット接続の環境によっては効果がなかったり、不具合を誘発する場合もあります。そのため、ツイッターのデータは Twilog に保存するなど大切にしましょう。

本サイトを参考にした端末の設定、ツイッター利用、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そして裏技の実施は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。