ツイッター(Twitter)公式の新しいウィジェット機能

質問Twitter 公式サイトに新たな「ウィジェット」機能が追加されたようですが?

回答ツイッター本の中で紹介したウィジェット機能が公式サイトの中に取り込まれました。

ウェブサービスを紹介する書籍の宿命ですが、Twitter のウィジェット機能が新しくなり、ツイッター本で紹介した内容(5章112、p.180)が大幅に変更になりました。

Twitter ウィジェット
https://twitter.com/about/resources/widgets
     ▼
https://twitter.com/settings/widgets

自動的に新しい URL にジャンプしますが、Twitter の「設定」画面の左メニューに「ウィジェット」が追加されています。

 

「ウィジェット」画面では作成したウィジェットを管理できます。あとからでも作成済みのウィジェットを編集、削除できます。

 

右上の「新規作成」ボタンをクリックすると「ウィジェットの設定」画面が開くので必要項目を入力します。

「タイムライン」「お気に入り」「リスト」「検索」から選べるのは従来と変わりません。

 

早速、最も単純な自分のアカウント(@724685)のタイムラインを表示するウィジェットを作ってみました。

右下のコードをコピーして貼り付けるだけです。

 

従来のウィジェットと較べると、ツイッターの画面をそのまま貼り付けた感じですし、そこから @724685 宛にツイートできるなど、コミュニケーションが生まれやすくなっています。

 

技術情報を読むと、ウィジェットの幅は最小220px、最大520px の制限があります。

Embedded Timelines | Twitter Developers

 

従来のウィジェットを作成するページにアクセスできなくなっています。すでに利用中なら、いまのところ使えているので「コード」のバックアップを取っておいたほうがいいでしょう。

 

ちなみに従来のウィジェットはこんな感じでした。

これはこれで使えるように残しておいて欲しかったです。

 

スポンサーリンク

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 順位

なにごとも経験!ブログ

ブログパーツ

「ツイッター本の裏技&裏話」では裏技的な設定やサービス利用なども紹介していますが、確実な動作をお約束するものではありません。 ご利用の端末やネット接続の環境によっては効果がなかったり、不具合を誘発する場合もあります。そのため、ツイッターのデータは Twilog に保存するなど大切にしましょう。

本サイトを参考にした端末の設定、ツイッター利用、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そして裏技の実施は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。